バタービーター

キーワード解説
洋菓子などを作る際に、バターをフライパンや鍋などの上で、つぶして滑らかにしたり、攪拌(かくはん)したりする際に使うことが出来る、ヘラ状の調理器具のこと。日本ではフライ返しの一種として用いられることが多い。英語ではbutter beaterと表記。(beaterは攪拌器を意味する)。

ターナーとの違い
フライ返しとしてよく用いられるターナーに似ているが、バタービーターは、へらの部分がやや細長い扇形や三角形をしているという違いがあります。なお、ハンバーグやパンケーキなど、大きめの物をひっくり返すのにも、バタービーターは適しています。

素材
ステンレス製やナイロン樹脂製が多いです。ターナーと同じく、テフロン加工のフライパンには、表面のコーティングを傷つけないようにナイロン樹脂製のものを使われることが多いです。

今回の記事に登場したアイテム
バタービーター フライ返し ムーミン(スケーター株式会社)

バターに関する連載一覧【全5回】
【第1回】まだ試していませんか? 簡単すぎる自家製バターの作り方
【第2回】こだわり派必見! 自家製発酵バターの作り方

【第3回】自家製バターは家計に優しい? コスト比較とお得に作るコツ
【第4回】味も香りも長持ちさせたい!バターの上手な保存方法
【第5回】材質の違いや機能性を徹底比較!バターケースの賢い選び方

The following two tabs change content below.
リビングートマガジン 編集部

リビングートマガジン 編集部

「リビングートマガジン」では、専門家によるアドバイスや、スタッフによる実験など、暮らしの中で生まれる素朴な疑問を、解決する情報がいっぱい♪ 是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。