【注目の収納テーマ】子どもと収納

マーブルコート

キーワード解説
マーブルコートとは、フッ素樹脂に大理石の粉が混ぜ込まれたコーティング加工のこと。マーブル(Marble)=大理石を意味する。表面の白い粒状のものが大理石の粉で、主にフライパンや鍋などのコーティング加工の一種として広く知られている。

マーブルコート加工とは

マーブルコートとは、フッ素樹脂に大理石の粉が混ぜ込まれた鍋のコーティング加工の種類を指します。
大理石を粉状に加工したものを表面に何層かのコーティングを施すことで、耐久性を大幅に改善した、大変長持ちするフライパンです。

マーブルコート加工の耐久性

コーティングフライパンや鍋の本体の材質は、熱伝導のよいアルミであることが多く、その上に何層かのコーティングが重なっており、一番外側の層に大理石の粉を混ぜ込むことにより、そのコーティングの強度を高めています。
マーブルの粒子は硬いため、フッ素樹脂加工フライパンの「食材がくっつかず、焦げ付きにくい」という特徴に加え、フライ返しなどのキッチンツールとの摩擦にも強いです。耐久性での面ではシンプルなフッ素樹脂加工だけのものより優れているといえます。

マーブルコートのフライパンの特徴

以下の3つの特徴があります。

マーブルコートの特徴
・長持ちで耐久性が高い
・焦げ付きにくく、食材がフライパンにつきにくい
・表面が傷つきにくく、全体の見た目もよい
マーブルコート加工されたフライパンは耐久性が高く、大変長持ちです。
さらに、食材がフライパンにつきづらく焦げにくく見た目も良いといった特性があります。

使用時に注意すべきこと

焦げづらく見た目の良さもあるといったメリットがある反面、使用上注意すべきことがあります。
それは空焚きを絶対にしてはいけないことです。
長時間、高温で使用していると、フッ素樹脂から有害ガスが発生する場合があります。

通常の使用では、有毒ガスが発生する危険性は無いと言われていますが、高温での使用はコーティングの寿命を縮めるため、極力強火は避け、火力は中火までにした方が良いでしょう。

コーティングを長持ちさせるには

マーブルコート加工のフライパンの寿命は一般的に3年以上と言われています。
ただし、そのくらい長くもたせるためには、適切な使用・お手入れを行う必要があります。

マーブルコートには耐久性が高く摩耗に強いという特徴がありますが、半永久的なものではありません。
そのため出来るだけフライパン寿命を伸ばしたい・長期間使いたい場合は、なるべく金属製の調理器具(フライ返しや菜箸など)の使用を控えた方がいいでしょう。
また、フライパンの使用後は素早く料理を皿に移し、洗ってから水気を拭いておくことをおすすめします。

毎日、使用するフライパンは料理の必需品ですから、どうせなら焦げ付かずにストレスなく料理できるフライパンを使いたいものですね。
マーブルコートのフライパンで、お料理やフライパンのお手入れについての悩みを解決してみませんか。

マーブルコート表面アップ

コーティングの違いによる比較実験はこちら
フライパンコーティング比較