【注目の収納テーマ】子どもと収納

重曹

キーワード解説
炭酸水素ナトリウム、重炭酸ソーダのこと。料理やナチュラルクリーニングなど、さまざまな用途に使われている。

重曹とは

重曹とは炭酸水素ナトリウム、重炭酸ソーダのことで重炭酸曹達を略した用語です。
料理やナチュラルクリーニング、医薬品(胃もたれの薬)など、さまざまな用途に使われています。

重曹の性質としては、水にとけやすく、弱いアルカリ性を持っています。

重曹には、「医薬品用」「食用」「農工業用」とグレードが3つあります
グレードは、どれだけ重曹が高純度で安全性を保証されているかを示しています。
最もグレードが高いのは「医薬品用」で、次が「食用」ですが、「農工業用」になるとやや品質が劣り、不純物が混じっている可能性もあります。
そのため、「農工業用」の重曹は、入浴剤として使用するなどお肌に直接触れるような用途には使えません。

重曹はとても優秀なお掃除アイテム

重曹はお掃除に効果を発揮します。
特に、重曹を使ったお掃除に向いているのは、油汚れの洗浄と研磨です。
重曹は油と混ざることで、石けんの性質を持ちます。
重曹に少量の水を足してペースト状にし、油でギトギトになった換気扇やコンロやお鍋などを洗うと、汚れとしてくっついている油の力を利用して石鹸に変わり、汚れを中和しながら取り除いてくれます。
また、重曹を粉のまま使うと、クレンザーとしても使えます。
これは、重曹の粒子が細かく水に溶けにくい性質を利用したもので、茶渋がついた湯のみや、水垢でくもったシンクを磨き上げるのに便利です。

重曹を使ったおすすめ掃除術
気になる油汚れやコゲもすっきり!キッチンのシンクで丸ごとオキシ漬け コゲ・油汚れに!オーブンレンジのしつこい汚れは重曹ホイップにおまかせ

料理での主な重曹の活用方法

また、重曹は「ふくらし粉」などの用途として、お料理にもよく使われます。
重曹に、レモン汁やお酢など、酸性のものを加えると炭酸ガスが発生して発泡します。
ふくらし粉として使うのは、この発泡作用を利用したもので、炭酸せんべいやどらやき、カルメ焼などに使われます。
重曹に水とクエン酸を混ぜると炭酸水ができますが、これに砂糖を混ぜたものが「サイダー」です。

重曹の魅力は用途の多様性

重曹のおすすめの使用例
・洗濯
・消臭
・入浴剤

重曹はとても幅広い用途で使用することができます。
身近な例を挙げるなら、洗濯・消臭・入浴剤といった使い方でしょう。
これらのシーンで重曹を使うと、次のような効果が得られます。

【洗濯】皮脂汚れを落とし、菌の繁殖を防止

洗濯では、弱アルカリ性の性質で洗濯物の汚れ原因である皮脂汚れを落とすことができます。
また、においを抑えてくれる効果があり、生乾きの雑菌の繫殖を食い止めてくれます。

【消臭】靴など気になるにおいの原因を中和

さらに、重曹は靴などの消臭でも効果を発揮します。
靴の中にあるにおいの元となる「老廃物」は酸性、重曹は弱アルカリ性であるので、混ぜることで中和され、臭いが消えるというわけです。

【入浴】炭酸風呂で美肌効果や酸性系の体臭改善効果にも期待

最後に、入浴剤としても効果を発揮します。
重曹に水とクエン酸を混ぜると、炭酸水ができます。
この性質を利用して、洗濯に利用したり、お風呂のお湯に重曹とクエン酸を入れて、炭酸風呂を楽しむことができます。
重曹の炭酸風呂は弱アルカリ性であるため、酸性である皮脂を中和し、汚れを落とすという効果があります。
またスクラブ効果もあるので、洗っても落としきれないひじやかかと汚れを落としてくれ、お肌がつるつるスベスベになるという効果も期待できます。

さらに嬉しい効果も…

入浴剤として重曹を使用した後は、何と、そのまま風呂掃除の洗剤としても活用できてしまいます。
お風呂の残り湯に、浴槽についた皮脂汚れを落としてくれる効果があるからです。使用済みの洗面器などの風呂用品も一晩残り湯に浸しておくことで、付着した汚れが浮き上がり、翌日に軽く洗い流すだけで汚れを落とすこともできますよ。

例に挙げた他にも、酸性(汚れ)を中和させる作用を応用して「うがい薬」(口臭が酸化物による場合、口臭を防止する効果もあるとされています)として使うなど、様々な用途に使うことができます。

重曹を使う上で知っておきたいメリット・デメリット

重曹を使うメリットは何でしょうか。以下にまとめました。

メリット
  • 危険な成分が含まれていないので、無害である(子供がいる家庭でも安心して使用できる)
  • 安く購入できる(使用頻度が高いなら、節約効果が高い)
  • 幅広い目的で使用できる(入浴剤としても使える)

重曹を使用するメリットはたくさんありそうですね。
特に重曹を使った掃除はしつこい汚れを落とせる魅力があるので、使用上の注意さえ守れば、かなり便利なアイテムです。

安全に使うために、重曹のデメリット面(=使用する際の注意点)をまとめてみました。

デメリット
  • 肌の乾燥に注意する
  • 使用場所や素材に気を付ける

重曹は弱アルカリ性であるので、人間の皮膚にも反応します。入浴剤としてお風呂で重曹を使用する場合、肌の弱い人は注意して使いましょう。
掃除等で用いる場合も、とくに肌が弱い人や長時間使用する場合は、ゴム手袋の着用をおすすめします。

また、重曹は研磨力があるため、テレビやパソコンのモニターに使用するとキズがつく場合があります。
さらに素材との相性にも注意が必要です。例えば、アルミの素材や銅に使用すると、黒く変色する可能性があります。
その他、ワックス掛けしたフローリングに使うと、ワックスが剥がれる場合もあります。

重曹を便利に使うために

重曹には様々な特徴があり、その特性を活かして幅広い用途でとても便利に使うことができます。
家庭で使用する専用洗剤の代用や消臭剤、入浴剤などの代わりに重曹を使うことで、かなりの節約にもなります。
ただし、先ほど挙げたようなデメリットもあるので、重曹を使用する際にはどのグレード対象なのかを確認し、よく注意事項を読んだうえで、正しく使いましょうね。

重曹

記事に登場したアイテム

こちらもおすすめ
重曹の基本の使い方とは?すぐに実践できる具体的な掃除方法と注意点 重曹1重曹でキレイに汚れが落ちる使い方とは?基本の掃除方法と注意点