【注目の収納テーマ】子どもと収納

キャセロール

キーワード解説
厚手でフタ付きの両手鍋。この鍋で調理してそのまま食卓に出す料理のことを指す場合もある。

キャセロールとは

キャセロールはフランス語で鍋(casserole)を意味します。

家庭で親しまれた「キャセロール料理」

語源はフランス語ですが、実は北米生まれのキャセロール。
1950年代のアメリカでは、キャセロールの鍋を使った家庭料理が人気を博しました。

その人気が高まった理由は、スープ缶などのメーカーとして有名なキャンベル社が、自社製品のクリームオブマッシュルームのスープ缶を使った簡単料理を紹介したのがきっかけでした。この簡単な調理方法は当時、ファミリー層を中心に好まれ、キャセロール鍋にクリームスープなどのベースとなる缶詰を入れ、麺やマグロや野菜などのさまざまな食材を加えることで、各家庭でオリジナルのアレンジ料理を楽しんでいました。

このようなキャセロール料理は、冷凍や冷蔵保存をして後から調理したりすることもできるため、料理人など調理を仕事とする人にも好んで使われていました。

また、一般家庭においては戦時中の食糧不足対策の節約として使われることが多かったそうです。
このような時代背景もあり、“手軽にできて節約にもなる料理”という理由で、人々に長く愛されてきました。

使い勝手の良い便利な両手鍋

キャセロール料理に用いられた両手鍋も、非常に使い勝手がよく、とても人気です。
現在でも、キャセロール鍋は焼きたてで熱々の料理をそのままテーブルへ運べる両手鍋の代名詞として知られており、米やパスタ料理を作る際に使われたり、グラタンなどのオーブン料理、ピザやスイーツなどにも幅広く用いられています。何と言っても食器に移し変えずに鍋のまま食卓に出すことができる手軽さが魅力です。

また、厚手の材質なのでシチューなどの煮込み料理や蒸し焼き料理に向いていて、アレンジ幅が広い鍋として親しまれています。

その他の特徴としては、手軽にたっぷり料理を作れるという点です。このため、特別な日の料理の盛り付けであったり、パーティーの時の盛り付け役のお皿として活躍しています。
キャセロール

主な材質の種類と使い方

キャセロールの材質には主に耐熱ガラス、耐熱磁器、鋳物ホーローなどの種類があり、それぞれ使える熱源や電子レンジやオーブンなどで使用できるかどうかなど、扱い方が異なります。

ここでは、主な3つの種類の材質(耐熱ガラス、耐熱磁器、鋳物ホーロー)についてみていきましょう。

耐熱ガラス製のキャセロール

耐熱ガラス製のキャセロールは、オーブン、電子レンジの使用が可能です。ガスコンロでの使用については、メーカーによって直火可タイプと不可タイプがあります(いずれもIHコンロは不可)。ガラスはにおい移りが少ないので、保存容器としても使え、透明なので中身が確認しやすいというメリットもあります。

耐熱磁器製のキャセロール

耐熱磁器製のキャセロールでオーブン、電子レンジなどでの使用が可能かどうかは、メーカーによって異なります。
コンロでの使用についても注意が必要です。直火可のタイプと不可タイプがありますが、いずれもIHコンロは不可となっています。
焼き物ですが陶器より硬く、吸水性はありません。においや色移りがなく、比較的お手入れはしやすい材質といえます。

鋳物ホーローのキャセロール

金属とガラスのメリットを併せ持つ「ホーロー」素材のキャセロールは、オーブンでの使用が可能です。ただ、フタはつまみの材質にもよるので扱いには気をつけましょう。ガスコンロなどの直火とIHコンロでの使用も可、ただし電子レンジの使用は不可です。
ホーローは表面がガラスでコーティングされているため、食材のにおい移りがしにくく、酸性の料理にも強いため、さまざまな料理の保存にも向いています。

お手入れ方法

ここまでキャセロールの基本的な使い方をお伝えしてきました。ただし、使用後に正しくお手入れしないと鍋が劣化したり、表面が汚くなったりしてしまいます。そうならないように、続いて素材別のお手入れ方法をご紹介します。

耐熱ガラス製キャセロールのお手入れ

ガラス製品は中性洗剤で優しく洗います。金属のたわしや粒子の粗いクレンザー、また研磨剤入りのナイロンたわしを使用すると傷がつく恐れがあります。中性洗剤を含ませた柔らかいスポンジで洗いましょう。

耐熱磁器製キャセロールのお手入れ

耐熱といえど、熱に弱いため磁器は熱いままで冷水に浸すことは避けましょう。割れ物なので、丁寧に扱い、他の食器とぶつけないように注意が必要です。中性洗剤を使ってぬるま湯でしっかりとすすぎ汚れを落としましょう。

鋳物ホーロー鍋のお手入れ

ホーロー鍋は、使い方によっては焦げ付いたりしてしまうこともあります。ただ、ガラスコーティングされているので、ステンレスやアルミ製の鍋と比べると、焦げ付きにくいという特徴があります。

重曹に少量の水を加えて洗い柔らかい布またはクッキングペーパーにつけて丁寧にこすって汚れを落とします。複数回にわけて磨くと、汚れはきれいに落ちるでしょう。

おすすめのキャセロール鍋

ここで、お料理する上で使い勝手の良いオススメのキャセロールをご紹介します。

ロッタキュールホルン キャセロール 20cm

ロッタキュールホルンキャセロールこのキャセロールは、ホーロー製です。このため汚れやニオイが付きにくく、お手入れも簡単です。また、腐食も強い仕様なので、長く使用できます。全て職人さんの手作業で、丁寧にくすり掛けして仕上げています。キッチンを彩る北欧らしいデザインと色使いが人気のお鍋です。

こちらの記事もおすすめ

↓この記事では耐熱ガラスのキャセロールを実際に使ってお料理しています。キャセロールを使ったレシピや材料の保存方法について知りたい方は是非ご覧ください。

耐熱ガラスのキャセロールでレンジ調理!簡単おいしいレシピと便利な使い方