メジャースプーン

キーワード解説
計量スプーンのこと。調理する際に、食品や調味料などをはかるのに用いる。大さじ(15ml)と小さじ(5ml)のものが一般的だが、レシピなどには茶さじ(2.5ml)、あるいは小さじ1/2という表記も多く見られる。ステンレス製・プラスチック製などがある。

【基本的な計り方】

液体の分量を計るときは、こぼれ落ちるギリギリまでスプーンに注ぎます。
粉類は、すりきりで計ります。


大さじ1   ⇒ 15ml
大さじ1/2  ⇒ 7.5ml
小さじ1 ⇒  5ml
小さじ1/2  ⇒ 2.5ml
小さじ1/4  ⇒ 1.25ml
少々 ⇒ 親指と人さし指でつまんだくらい

【ccとmlについて】
基本的には、1cc = 1ml と覚えておけば大丈夫です。
いずれも体積の単位で、mlという単位は「L(リットル)」に、1000分の1の意味をもつ「m(ミリ)」を付けたもので、1Lの1000分の1という意味です。
これに対し、ccは英語のCubic centimeter(立方センチメートル)を略したものです。
現在ccは、国際単位系では認められておらず、mlを使うべき、とされていますが、料理のレシピなどでは、どちらも使われていますので、知っておくと便利ですね。

【海外での定義】
大さじはテーブルスプーン(Tablespoon、 tbsp.と略記)、小さじはティースプーン(Teaspoon、tsp.と略記)と呼ばれています。
これよりも小さいものは、コーヒースプーン(Coffeespoon)と呼ばれることが多いです。

【アメリカ】
テーブルスプーン(大さじ):約14.8ml
ティースプーン(小さじ):4.93ml

【イギリス】
テーブルスプーン(大さじ):14.2 ~ 17.8ml
ティースプーン(小さじ):約3.55ml

【カナダ、ニュージーランドなど】
テーブルスプーン(大さじ):15ml

【コーヒーの豆・粉を計量する場合】
なお、日本ではコーヒーの豆・粉を計るスプーンについても、メジャースプーンと呼ぶことがありますが、メーカーにより規格もまちまちで、1杯あたりどのくらいの分量が入るスプーンなのか確認する必要があります。(コーヒーは粉10g、お湯150?180mlが一人分の目安となる分量です。スプーンも1杯当たり10gになるものが多いですが、中には7g用など異なるサイズもあります。)

今回の記事に登場したアイテム
計量スプーン わ!アニマル(株式会社トルネ)

The following two tabs change content below.
リビングートマガジン 編集部

リビングートマガジン 編集部

「リビングートマガジン」では、専門家によるアドバイスや、スタッフによる実験など、暮らしの中で生まれる素朴な疑問を、解決する情報がいっぱい♪ 是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。
リビングートマガジン 編集部

最新記事 by リビングートマガジン 編集部 (全て見る)