ブルーム(broom)

キーワード解説
英語の名詞で、箒(ホウキ)、長い柄のついたブラシ、デッキブラシを意味する。ちりやごみを掃く道具。また、植物のエニシダの意味としても用いられる。

西洋の箒(ホウキ)
西洋では古来、ホウキは魔女や魔法使いなどが飛行して移動する際に使う道具だと信じられてきました。形状など見た目は日本の竹箒と同じように見えますが、エニシダの枝で作られています。このため、ホウキも植物のエニシダも「ブルーム」(broom)と同じ言葉が使われています。

日本の箒(ホウキ)は、祭礼の道具だった
日本ではホウキは実用的なお掃除道具として用いられる以前に、神聖なものとして考えられており、箒神(ははきがみ)という産神(出産を司る神様)が宿ると言われていました。奈良時代に書かれた日本最古の書物『古事記』には、「玉箒」や「帚持(ははきもち)」という言葉で表現されており、実用的な道具としてではなく、祭祀用の道具として登場しています。平安時代になると、宮中で年末に一年の煤を払う、すす払いの道具として使われるようになりました。

ホウキの種類
素材は、シュロ、ホウキギ、シダ、モウソウチク、鳥の羽、化学繊維などがありますが、使用場所によって座敷箒、自在箒、外箒、小箒(手箒)に分けられます。

場所・用途別のホウキのおすすめ

室内【和室・カーペット・じゅうたん等】
草箒、座敷箒などと呼ばれる室内用のものがおすすめ。
特にコシがあってしっかり掃ける「ほうき草」を使用したホウキが使いやすく、畳の目やカーペットの目に入ったゴミをかき出してくれます。


室内【フローリング】
棕櫚(シュロ)の木の皮を使ったホウキがおすすめ。
学校の掃除用具として使われることも多いので、見たことがある人も多いはず。
使用しているうちにフローリングにつやが出るというメリットもあります。


室内と屋外の境目【玄関・ベランダ】
細かいゴミや砂ホコリの多い場所には、繊維が細かくて柔らかい「黒シダ」のホウキがおすすめ。


屋外【玄関の外回り】
小石や落ち葉など、やや大きめのゴミには、コシが強い「赤シダ」のホウキがおすすめ。
黒シダが弱点とする重たいゴミも、赤シダならしっかりと掃き取ってくれます。
また、天然素材のホウキはお手入れや保管が難しそう・・・という方には、「化学繊維」のホウキがおすすめ。
こちらも、コシの強い穂が特徴で、玄関前などに落ちた小石や、落ち葉などをしっかりとかき出してくれます。価格も手頃なのも、嬉しいポイントですね。


屋外【庭の芝生や砂利、駐車場のコンクリート面など】
竹やヤシの葉脈を使用したホウキがおすすめです。
赤シダよりも、さらにコシの強いホウキです。取りにくいアスファルトやコンクリートの凸凹したところに入り込んだゴミも、しっかりとかき取れます。


今回の記事に登場したアイテム
JP自由箒32(山崎産業株式会社)

The following two tabs change content below.
リビングートマガジン 編集部

リビングートマガジン 編集部

「リビングートマガジン」では、専門家によるアドバイスや、スタッフによる実験など、暮らしの中で生まれる素朴な疑問を、解決する情報がいっぱい♪ 是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。
リビングートマガジン 編集部

最新記事 by リビングートマガジン 編集部 (全て見る)