ターナー(turner)

キーワード解説
ターナーとは、平たく柔軟性のある部分と長い柄がついたヘラ状の調理器具のこと。主にフライパンなどで炒めたり焼いたりするときに、加熱中の食材を裏返したりかき混ぜたりするのに用いる。ステンレス製やナイロン製、シリコンでコーティングしたものなどがある。いわゆる「フライ返し」のこと。

【素材の違い】

・ステンレスなどの金属製
熱に強く耐久性に優れ、身崩れしやすい魚やパンケーキのような柔らかい生地を返す際や、ハンバーグなど重量のあるものを返すときに便利です。ただし、テフロン加工されたフライパンに使うと、表面加工を傷めてしまうので、注意が必要です。


・木製(木ヘラ)
金属性と同様に柔軟性はないですが、その分、柔らかく崩れやすい食材や重量のある食材にも使いやすいです。熱には弱いですが、ナイロンやシリコンと違って溶ける心配がなく、万が一口に入っても安全な素材です。ただし、調理後の付け置きで、カビが発生してしまうことがあるので、使った後はすぐに洗剤で洗い、乾燥させておくように気をつけましょう。


・ナイロン、シリコンコーティングなど
汚れや焦げ付きが比較的落ちやすく、フライパンの表面加工を傷めにくいため、テフロン加工のフライパンを使用している人におすすめの素材です。ただ熱に弱く、調理中に放置すると溶けてしまうことがあるため、取り扱いには注意が必要です。意外とよくあるのが、持ち手の部分がフライパンのフチなどに当たって溶けてしまうという問題。そばに置ける場所を確保した状態で、調理することが重要です。(※耐熱温度が高めのアイテムもあります)

【形状の違い】
一般的には平たいものが多いですが、表面に穴が空いたものや溝が入ったものなど、さまざまな形状があります。穴があいていると食材を混ぜやすく、ターナーにくっつきにくいので快適に料理ができます。ただ、調理後に洗うときに穴部分や溝部分が洗いにくいのがデメリットです。また、バタービーター(本来はバターをつぶして攪拌させる調理器具)が、穴あきターナーの代用品として使われるケースも多いです。

ターナー(フライ返し)

今回の記事に登場したアイテム
トライアングリップ シリコーンターナー(株式会社マーナ)

The following two tabs change content below.
リビングートマガジン 編集部

リビングートマガジン 編集部

「リビングートマガジン」では、専門家によるアドバイスや、スタッフによる実験など、暮らしの中で生まれる素朴な疑問を、解決する情報がいっぱい♪ 是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。
リビングートマガジン 編集部

最新記事 by リビングートマガジン 編集部 (全て見る)