グラスハンガー

キーワード解説
ワイングラスなど脚のついたグラス類を、吊るして収納できる用品。「ワイングラスホルダー」と呼ばれることもある。

グラスハンガーの主な特徴
よくある構造としては、金属などの棒2本を平行に渡し、ワイングラスなど脚のついたグラス類を、脚の底部が引っかかるように、さかさに吊るして収納できるようになっています。バーやレストランなどの飲食店では、カウンター上方に設置された収納棚の底板などに取り付けてあるのを見たことがある方もいらっしゃるでしょう。たくさんのグラスが吊るされていて、見るからにオシャレな感じですよね。家庭向けには、3~6個くらいのグラスを戸棚下(カップボードの中でも可)に吊り下げられるタイプや、卓上における小型のタイプもあります。

グラスハンガーを使うメリット
・洗った後にそのまま掛けて乾かすことが出来る(水はけがよく、きれいに乾きます)。
・グラスを逆さに吊るすため、ほこりが入りにくい。
・食器棚やキッチン収納棚、キャビネット下などの空きスペースを有効活用できる。
・ワイングラスの美しさを活かした、見せる収納できる。

ワインハンガー

今回の記事に登場したアイテム
棚下ワイングラスハンガー トスカ(山崎実業株式会社)

The following two tabs change content below.
リビングートマガジン 編集部

リビングートマガジン 編集部

「リビングートマガジン」では、専門家によるアドバイスや、スタッフによる実験など、暮らしの中で生まれる素朴な疑問を、解決する情報がいっぱい♪ 是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。
リビングートマガジン 編集部

最新記事 by リビングートマガジン 編集部 (全て見る)