ウエス (waste)

キーワード解説
ウエスとは、汚れの拭取り・不要物の吸収・磨き・緩衝材などの用途に使用する、いわゆるボロ布や雑巾のこと。古着や古布を再利用した故繊維またはそれに類する素材を原料とした、主に産業用の雑巾である(自作の掃除用具の一種として、一般家庭で用いられることもある)。なお、語源は糸屑や繊維屑(ボロ)を意味する英単語「waste」である。

【一般的な雑巾との違い】

一般的に雑巾といえば、タオルを長方形に畳んでミシンで縫ったものを想像されがちですが、汚れた機械を掃除する場合は使い捨てにすることが多く、不要になった古着などの古布を切り開いただけで充分なため、特に形や大きさは一定ではありません。また、素材自体も様々なものがあります。流通している既製品のウエスも、家庭から出る古着などを再生して作られていることが多く、工場や自宅でなどで汚れた機械、車などを清掃する為に使われています。厳密に言えば、使い古したタオルを再利用した雑巾もウエスの一種であるといえます。

【家庭用ウエスの作り方】
不要になった衣類やリネン類を整理し、使う用途に合わせて適度な大きさに裁断しておくだけです。
タオルは普通に裁断すると糸くずが出ますので、切込みを入れて手で裂くとよいでしょう。

ウエスに関する詳しい記事はこちら
ウエスになる古着選手権! ヒートテック、フリース、綿など、お掃除に向く古布の素材は?

The following two tabs change content below.
リビングートマガジン 編集部

リビングートマガジン 編集部

「リビングートマガジン」では、専門家によるアドバイスや、スタッフによる実験など、暮らしの中で生まれる素朴な疑問を、解決する情報がいっぱい♪ 是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。