スマホでも料理写真がグンと良くなる「プラスα」の撮影・加工テクニック

スマホでも料理写真がグンと良くなる「プラスα」の撮影・加工テクニック

もっともっとスマホ撮影が上手になりたい…。
そんなあなたのために、料理撮影がワンランクアップする「プラスα」のテクニックをフォトインストラクターがご紹介します。

前回の記事はこちら 
料理写真を美味しそうに撮るには?スマホ撮影5つのポイント

加工アプリでワンランクアップ

さて、最近はスマホでも簡単に画像補正ができるようになりましたね。ここでは、初心者の人でもできるInstagramアプリを使った補正方法をご紹介します。

傾きを調整


傾けたほうがオシャレと思うかもしれませんが、実はこれ、逆効果。できるだけ水平垂直に撮ったほうが、スッキリ見えます。注意していても斜めに傾いてしまっているときは、Instagramの「調整」機能でまっすぐ見えるように修正しましょう。

暗部を明るく調整する


どんな写真でもやってほしい操作です。「影」を選んだら、左右に目盛りを動かしてみましょう。

食べ物の写真は、影が強く落ちているとあまり美味しそうに見えません…。できるだけ影になっている部分を明るくして、炭のようにこびりつく影を除去してあげることが、美味しく見せるコツです。

このままだと少しスミがかってしまっていますが・・・

「影」や「明るさ」で調整すると、だいぶスミっぽさが取れます。白っぽさが気になりますが、ひとまずこれくらいでOKです。

彩度を上げる


見栄えを良くしたい場合は、「彩度」の機能を使いましょう。撮影したままの状態だと、浅めの色をしています。そこで、彩度の機能を使って、鮮やかさをプラスしましょう。

「コントラスト」の機能でもメリハリをつけることはできますが、食べ物は彩りも重要なポイントですよね。色味をプラスさせるほうが、より簡単に見栄えをアップできます。

いかがでしょうか? ベイクドチーズケーキの香ばしい風味が伝わってきそうですよね?

シャープで質感を


食べ物と言っても、色んな質感がありますね。葉物野菜と根菜、ご飯とパンなど、質感が全く違います。そして、お料理にはスプーンやお皿がつきものです。陶器や金属、布など、さまざまな素材が画面に含まれます。

そこで使いたいのが、「シャープ」という機能です。一見、見た目の違いがわかりにくいかもしれませんが、シャープ機能を使うと、エッジが効いて、質感が強調されます。ケーキの表面部分、ヒビの入っている部分が明確になりましたよね。

質感がアップすると、写真のメリハリもアップします。なんとなくぼんやりした写真があれば、シャープで微調整してみてください。

お皿や盛り付け、小道具で上手に演出!

ここからは、ちょっとした工夫でアップする撮影のコツをご紹介しましょう。

「そもそもが美しければ、美しく写る」の理論

私が学生の頃、教授が言った言葉です。当然のように思われるかもしれませんが、実際はきれいにするのってとても大変! まさに「言うは易し行うは難し」です。

もし、お料理の写真を極めたいなら、盛り付け方法やテーブルコーディネートなどのお勉強もすると、さらにクオリティを高めることができます。

質感がプラスされることで画面が引き締まる

前述の通り、質感がプラスされることで画面が引き締まります。例えば、あなたが「おでん」を撮影したいと思ったとしましょう。

おでんの具材は、多くが練り物ですよね。たまに大根やこんにゃくなどもありますが、見た目は練り物が大半を占めます。その状態では、質感に差がつきにくく、締りのない写真に…。

こんなときは、例えば、布のランチョンマットに、木製箸、陶器の箸置きなど、さまざまな素材の小道具を用意してみてください。

小さな一輪挿しなどを常に用意しておけば、食卓の写真を撮るのも見栄え良くなります。このような小道具やさまざまな質感をプラスすることで、より、写真の表情が豊かになり、美味しそうな印象に。カレーなど、全体が茶色っぽくなってしまうといったお料理のときも、このテクニックは役立ちますよ!

お皿に凝ってみても

最近は小さなお皿「豆皿」が密かなブームなようですね。

こちらのページにもあるように、さまざまな形や色をしている豆皿は、それだけでも画面を楽しく演出してくれます。高度な盛り付け技術も必要なく、テーブルコーディネートが苦手な人にもおすすめの小道具です。

器選びの参考になる記事
ワンプレートごはんで片付けを楽に!盛り付けのコツと皿選びのポイント
スレートプレートの盛り付け方とは?料理をオシャレに見せるコツ
おうち時間を楽しもう!木製カッティングボードのオシャレな使い方とお手入れ方法

The following two tabs change content below.
杉浦優子

杉浦優子

料理ライター/フォトインストラクターCORi products
神奈川県鎌倉市在住。文章を書くのが苦手だったことから、克服するためにライティングを勉強。それがいつのまにか本職になってしまう。常に何かを学んでいることが好きで、趣味も多い。最近好きなものは韓国語、料理、刺し子、天然石アクセサリー、ステンドグラスなど。