食べ物の存在をアピールする冷蔵庫収納で食べ残しゼロへ


暑くてじめじめした季節は、いつも以上に食材の管理が難しくなります。
そんな季節こそ冷蔵庫を活用したいところですが、食材を快適に保管できるようになっていますか?
何をかくそう、これまで様々な食材を化石のようにしてきた筆者。

これまでの経験と、整理収納アドバイザーとしての知識を組み合わせて、食材を快適に出し入れできる冷蔵庫収納の小技についてお伝えします。

小さなものほど存在をアピール!がカギ

大きな食材はそこにあるだけで存在をアピールしてくれるので心配不要。
逆に小さな食材こそ、他の食材に埋もれてしまう危険性があるので、その存在をどんどんアピールしちゃいましょう!

小物を使ってドアポケットにわかりやすい収納スペースを作り、存在をアピールするのも手。
ここでは洗濯ピンチとチューブ調味料収納用のポケットケースを活用しています。

使いかけのふりかけ、袋調味料、かつお節など、輪ゴムでとめて保管しがちですが、それでは他の食材の下敷きになってしまいます!
そこで、ドアポケットに洗濯ピンチでひっかけておく方法がおすすめ。

例えばかつお節を使いたいときは、まずは冷蔵庫のドアポケットを見て、使いかけがないか確認するだけ。

使いかけがあるのに、新しいものを開封しちゃった!なんてことを防げます。

こちらはチューブ調味料用ポケットにスライスチーズを収納しているところです。
小さい食材でありながら、毎日のようによく使うものこそ、パッケージから出して取り出しやすくしておくと、忙しい時間帯でもストレスになりません。

ドアポケットにケースを取り付けることで、かなり取り出しやすくはなりますが外気に触れる回数が多い場所でもあるので、ここに保管しっぱなしにならないよう、くれぐれもお気をつけくださいね。

倒れやすい食材は引き出しをフル活用!

大豆の水煮、ちくわ、カニカマなどなど、倒れやすく雪崩の起きやすい袋入り食材は引き出しコーナーを活用すると各段に管理しやすくなります。

袋入り食材の弱点は、なんといっても他食材と干渉しあって取り出しにくくなってしまうということ。
引き出しスペースは袋入り食材置き場と割り切ってしまえば、管理がラクになります。
そのようなスペースがない場合は、カゴをひとつ準備して引き出しのように使うのもの手ですね。

最優先して使いたい食材は”半端食材ボックス”に

使いかけのお肉、使いかけの野菜、使いかけの乾物など、中途半端に余った食材をそのまま死滅品にしてしまった経験はありませんか?

使いかけの食材こそ最優先で使いたいもの。
”半端食材ボックス”をひとつ準備することがおすすめです。

筆者の家では「中に半端食材が入っているよー」ということが一目でわかるよう、半透明ボックスを置いています。
ここに使いかけの人参、玉ねぎ、中途半端に残ってしまった野菜などをとにかく放りこむ!

ある程度たまったらまとめて野菜スープにしたり、蒸し野菜にしたりと在庫一掃に役立てています。

「ここの食材から使おう」という場所を設けておくと、食材を無駄なく使い切ることに有効!

半端食材コーナー、おすすめですよ。

冷蔵庫は詰めすぎない!お鍋が入るスペースを死守せよ

暑い季節、冷蔵庫に残ったおかずを入れたいと思ったとき、もう空いているスペースがない!と困ったことはありませんか?

夏こそ詰め込めすぎずに、冷蔵庫内にゆとりをもたせることを強くおすすめします。
庫内に詰め込みすぎると、食材を出し入れするたびにパズルに挑戦するようですごく厄介なもの。

理想は、お鍋を2つ丸ごと入れられるスペースを確保しておくことです。

たくさん作ったスープや味噌汁、おかずの残り、切った野菜など、スムーズに入れられて作り置きもはかどります。

食材は保存より使うことを意識して

食材はその保管方法に目をとられやすいですが、何より大切なのは使い切ることです。
「どうやったら見た目がよくなるかな?」より「どうやったら存在を忘れずに使いやすくなるか?」という視点で冷蔵庫内の整理をはじめてみてくださいね。

働き者の冷蔵庫を作りあげて、無駄食材ゼロを目指しましょう!

The following two tabs change content below.
サチ

サチ

整理収納アドバイザーIEbiyori
鹿児島在住の3児の母で整理収納アドバイザー。快適にすごせる空間づくり、効率よく動ける仕組みづくり、家事のしやすいしかけづくりを考えることが趣味。暮らしにまつわることを中心としたブログ、コラム、連載執筆中。著書『片づけ日和』『めまぐるしい毎日でも暮らしが回る 50点家事』など。