まだまだ暑い日に!知っておきたい運動会弁当の食中毒対策ポイント

まだまだ暑い日に!知っておきたい運動会弁当の食中毒対策ポイント

まだまだ暑い日が続きそうな運動会シーズン。
暑い中お弁当を持っていくのが不安…と思ったことはありませんか?

運動会弁当を持っていく場合の「食中毒対策のポイント」をご紹介します。
普段のお弁当の食中毒対策にも応用できるので、知っておくと役立つかもしれません。

お弁当箱に詰める前に気をつけたいポイント

【ポイント1】清潔な容器を使う

使用するお弁当箱は、きれいに洗っておきましょう。

特に、フタの裏にパッキンがついているタイプのお弁当箱は、パッキン部分に汚れが残りやすく、しっかり洗えていないまま使い続けると、カビが生えてしまうこともあります。

しっかり洗って、菌を撃退
パッキン部分が外せる場合は分解して洗いましょう。
スポンジが届かない細かい溝は100円ショップなどで買える細かい部分用のブラシを使って洗うのがおすすめです。
油汚れが落ちづらい時は、スポンジと食器用洗剤で洗った後にキッチン用の漂白剤を使うとベタつきがすっきり落ちることが多いです。

バッチリ乾かして、細菌の増殖予防
洗った後はふせて自然乾燥させるか、清潔なふきんでしっかり拭き、水気を充分に切った状態で使用しましょう。
水気が残っていると、細菌が増殖しやすい環境を作ってしまいます。

アルコール除菌がおすすめ

暑い季節などでさらに食中毒に気をつけたい場合は、乾燥させたお弁当箱に市販のキッチン用アルコール除菌(食器類にも使えるもの)をスプレーして、清潔なキッチンペーパーなどで拭いてから中身を詰めるのもおすすめです。

【ポイント2】ご飯やおかずは冷ましてから詰める

温かいままお弁当箱に詰めてしまうと、水蒸気が出て水気や水滴がついてしまいます。水分が多いと、細菌が増殖しやすい環境を作ってしまうので、ご飯やおかずはお皿などの上で冷ましてから詰めましょう。

【ポイント3】素手はNG

お弁当のおかずを詰める時は、素手ではなく清潔な菜箸を使いましょう。
手を清潔に洗うことは食中毒予防のための大前提ですが、綺麗に洗ったつもりでも洗い残しがある場合も多いです。

使用する菜箸や調理器具も、きれいに洗ったものを使用してください。

ラップの上から簡単運動会デコ「はちまきおにぎり」

のりを巻いたり、キャラ弁・デコ弁ブームでのりなどを使ってデコレーションする人も増えているかと思いますが、食中毒が特に心配な季節は、のりを使うと蒸れて水分がたまりやすいので、何も巻かずに持っていくのがおすすめです。のり派の人は食べる直前に巻きましょう。

おにぎりはラップで

おにぎりを握る時は、ラップで包んだり使い捨てのビニール手袋を使用して握るなどして、素手で握ることは避けたほうがよいでしょう。
素手で握ると「黄色ブドウ球菌」という細菌がおにぎりに移りやすく、この菌が増殖する時にできる毒素によって食中毒が発生した例が過去に多く報告されています。

「はちまきおにぎり」の作り方

ラップの上からマスキングテープを貼ったり、ラップ用のペンなどを使ってラップの上から顔やイラストを描くと、簡単にデコれてのりなども不要なので、準備が多い運動会のお弁当作りの時にもおすすめです。
マスキングテープをはちまきに見立てて貼り、ラップ用のペンなどで顔を描くと、運動会らしさがUPして、簡単なのにかわいい「はちまきおにぎり」のデコ弁が作れますよ。

作り置きしたおかずを詰める時の注意点

前日などに作り置きしたおかずをいくつか詰めようと考えている人も多いかと思います。
冷蔵庫におかずを入れておいても細菌は少しずつ増えているので、作り置きしたおかずを詰める場合は、必ず当日の朝に一度電子レンジなどでしっかりと再加熱して、冷ましてから詰めましょう。

食中毒が心配な季節に避けたいおかず

煮物などの水分が多いおかず

煮汁があることで水分を多く含んでしまうので、もし入れたい場合は煮汁を煮詰めて、清潔なキッチンペーパーなどで水気を切ってから入れましょう。

マヨネーズ系のサラダ

マヨネーズには卵が使われていたり、野菜などの他の食材を合わさると水分も出やすくなってしまうため、避けた方が安心です。もしマヨネーズをかけたい場合は、市販の個包装タイプのマヨネーズを持って行って食べる直前にかけましょう。

生野菜

プチトマトやレタスなど手軽に入れられる生野菜を、彩りや仕切りと兼ねて入れる方も多いのでは?
しかし、食中毒対策をするなら、生野菜は入れないほうが安心です。塩分が多いおかずと隣り合わせで置くと、水分が出てしまう原因にもなります。

もしどうしてもプチトマトを入れたい場合は、ヘタの部分に雑菌がつきやすいので、ヘタを取ってよく洗い、清潔なキッチンペーパーなどで水気をしっかり拭き取ってから入れましょう。

レタスがなくても彩り良く仕切れる100均グッズ

レタスで色鮮やかに仕切りをしたいけれど、生野菜がNGとなるとどうしよう…
そんな時には、100円ショップやAmazonなどで売っている、レタス風のシリコンバランが便利です。

私が購入した時は、色々な種類が5種類ほど入って100円(税抜き)で売っていました。
洗って繰り返し使えるのでエコで経済的!
色や形の種類がその時によって選べるので、お弁当の彩りに緑が足りない時や、仕切りを入れたい時にとても重宝しています。

食中毒予防には、お弁当箱選びも大事!

まだまだ暑い日が続きそうな運動会シーズン。運動会のお弁当を朝から持っていく時は、保冷剤を一緒に持っていき、日の当たらないできるだけ涼しい所に置いておくのがおすすめです。
最近は、運動会弁当にぴったりの大きめサイズで、保冷に便利なお弁当箱もたくさん売られているので、その中からおすすめを2つご紹介します。

【おすすめ1】保冷バッグ&保冷剤付きで安心のお弁当箱

この記事で使っている2段タイプのお弁当箱は、片方のお弁当箱のフタの内側に、取り外しできる保冷トレイ・保冷剤が入っています。

お弁当箱
▲保冷バッグ&保冷剤つきのお弁当箱「マルシェ」

 
行楽用など大きいお弁当箱はぴったり入る保冷バッグを探すのも一手間ですが、こちらの商品ならおしゃれなデザインの保冷バッグもついているので、これ1つで運動会弁当の準備も楽々です。

【おすすめ2】フタが保冷剤代わりになる行楽お弁当箱

もう一つのおすすめは、運動会だけでなく色んなシーンで活躍するお重タイプのお弁当箱です。しかも↓のお弁当箱はフタの内側に冷却ジェルが入っていて、フタを冷凍庫で冷やしておくと保冷剤としても使えるお弁当箱です。

お弁当箱
▲和柄が魅力のお重タイプ。保冷剤がいらない行楽弁当「ジェルクール」

 
おしゃれな和風の柄のデザインなので、運動会弁当に使う以外にも、ホームパーティーの持ち寄りや手土産を入れたりするのにも使えそうです。保冷剤を別で持っていかなくて良いので見た目もスマートです。

さいごに

お弁当作りは、美味しいことももちろん大切ですが、安心して食べられることが大前提です。
年に一度の楽しい運動会、食中毒対策のポイントをおさえて、お子さまと家族が喜ぶ運動会弁当を作り、応援してあげてくださいね。

今回の記事に登場したアイテム
行楽ランチセット マルシェ 保冷バッグ 保冷剤 付き(スケーター株式会社)
ジェルクール 行楽弁当箱 お重 1段(株式会社三好製作所)

こちらもおすすめ

The following two tabs change content below.
管理栄養士 永原さほり

管理栄養士 永原さほり

管理栄養士/栄養教諭免許保有/果物の甘みスイーツ研究家
病院での治療食や離乳食・小児食作り、料理教室講師を経験後、白砂糖を使わないスイーツの教室やレシピ開発等を行う。 現在は主にママ向け動画メディアでのレシピ開発や料理・育児ジャンルの企画撮影、企業のレシピ開発等を行っている。