シェルフ(shelf)とラック(rack)の違いとは? 気になる疑問を画像つきで解説

シェルフ(shelf)とラック(rack)の違いとは? 気になる疑問を画像つきで解説

「どう違うの?」と聞かれると、説明に困る「シェルフ」と「ラック」の違い。最近は何でも横文字で表現する傾向があるのでややこしいですよね。
しかもこの2つは、どちらも日本語で言う「棚」の意味合いを持っているため混同されがちです。
そこで、違いがわかりやすいように語源となった英語の意味の説明や画像なども多めに添えながら見ていきたいと思います。

英語で棚は何て言う? shelfとrackの意味の違いとは?

シェルフ(shelf)の定義

まず一般的に、棚は英語に訳すと「shelf」です。
定義的には、板を水平にかけ渡したものを指します。厳密には、棚そのもの以外に(一枚の)棚という意味もあります。
なので、例えば何段か棚板のある棚で、その上の方を指す場合はupper shelvesという表現になります。(shelvesは「棚」を表す shelf の複数形)
一昔前までは、シェルフという呼び方は家具業界ではしていませんでしたが、今では「棚」をおしゃれに表現する言い方として用いられます。
なお、「shelf」には扉や引き出しがついているタイプも含まれます

ラック(rack)の定義

一方で「rack」は、物を置いたり掛けたりする棚や台の総称で、「shelf」に比べてもっと幅広い意味で用いられます。
定義としては、置き棚掛け(物を掛ける)、(物をのせたり掛けたりする台、または竿)、(列車などの)網棚など。
元々は掛けや架など、物を載せたり掛けたりする棒状のものだけを意味する言葉でしたが、その棒に棚(水平の板)をひっかけて用いることもあるので、棒状の部品と水平板で構成される収納用品についても「shelf」と同じような意味で使われるようになりました。
ただし、戸棚(前面に扉のついた棚)や引出しのあるもの、箱形のものなど全面が閉ざされたものはラックとは呼びません

チェストとキャビネットのそれぞれの意味の違いは?

ところで、扉や引き出しの付いた棚というとチェスとやキャビネットと呼ばれるものを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

チェスト(chest)の定義

チェスト(chest)は、もとはヨーロッパ中世に衣類や貴重品などの小物をしまうものとして使われた長方形の蓋付きの箱あるいは蓋がついた箱型の収納家具を意味していました。日本で言う昔の長持(ながもち)や長櫃(ながびつ)、唐櫃(からびつ)などのイメージに近いですね。これが後世になって短い脚と引き出しを備えるようになり、今の引き出し式の収納ダンスのような家具もチェストと呼ばれるようになりました。現代ではチェストというと引き出しつきの整理ダンスとしての意味の方が多く用いられています。

キャビネット (cabinet)の定義

また、キャビネット (cabinet)は書類や貴重品等を整理するための戸棚や、飾り棚や飾り箪笥など大切なものをしまう家具、キッチンや洗面化粧台など収納戸棚(収納ユニットと呼ばれることもある)に用いる総称です。
単純に物を置いたり並べたりする棚という意味で用いられる「シェルフ」と違い、物を大切にしまっておいたり、整理して収納しておくものという意味を持ちます。
仕事場などで使う、机の下によく置いてある引き出しつきの移動式の箱型書類入れは、キャビネットやサイドチェストなどと呼ばれます。

画像で見る色々なシェルフとラックの種類

さて、ここまでの解説でもいまひとつ分かりにくいかもしれないので、ちょっと写真でそれぞれの例を見ていきましょう。

本棚とオープンラックの違い

まずは、本棚です。英語ではBookshelfと言われるように、シェルフの一種ですね。
言うまでも無く本を収納するための棚であり、本の高さに合わせて棚板の高さを調整できるものなど実用性を重視したものが多いです。
中には1cmピッチで棚板を調整できるものもあります。

オープンラックは設計も見た目重視になっているって本当?

本棚としても使われることもあり、違いがわかりにくいのが「オープンラック」。
これは、一般的に背板(背面の板)がないものを指すことが多く、場合によっては側板もないものもあります。
基本的にモノを「見せる収納」に用いられ、すっきり見えるように棚板が等間隔になるよう設計されていることが多く、棚板の高さは固定あるいは稼動の自由度が低めに設計されています。
その代わり、収納力が高いものが多く、特に画像のようなスチール製のものは強度もしっかりあるため、重さのあるものを収納することも出来ます。

ウォールシェルフとウォールラック

下にあるのは「ウォールシェルフ」と呼ばれる壁に取り付けるタイプの棚の写真です。素材が木製なので「ウッドシェルフ」とも呼ばれます。
水平な板の上に、何か飾りを置いて使うことが出来るようになっています。この棚は構造的に棒状の部品と水平板で構成されているわけではないため、「ウォールラック」とは呼びません。
ウッドシェルフ

ハンガーラックと衣桁(いこう)の違い

日本には昔、着物を掛けておく鳥居のような形の衣桁(いこう)と呼ばれるものがありましたが、要するに服を掛けておく家具です。衣桁(いこう)の場合は和服を直接掛けていましたが、ハンガーラックは名前の通りハンガーにかけた服を掛けておくのに用います。一般的には写真のように棒状の部分のみで棚板がないため「シェルフ」とは呼ばれません。
ハンガーラック

ラダーラックとはどんなもの?

ラダーは「はしご」を意味します。フックやハンガーなどを使って、物を吊るしたり掛けたりします。こちらも棚板はありません。
ラダーラック

キッチン雑貨によく見られるラック類

洗った食器などを一時的に乾かすのに便利な「水切りラック」。カゴタイプのものもありますが、こちらはワイヤーで構成された「ラック」と呼ばれるタイプで場所を取りません。
水切りラック
他にもキッチン周りでは、電子レンジラックやレンジ上ラック、キッチンラック、ダストボックスラック、冷蔵庫ラック、タオルラック(掛け)など、色々なラックがあります。

まとめ

「台」「○○掛け」的なものも含むラックの方が、シェルフより幅広く用いられるんだなという感じで、形状や用途も様々ですね。
色々と見ていくほど余計わかりにくくなってしまったかもしれないですが、何となくでも名称の違いを知っていると、家具を探すときなどにより自分のイメージに近いものを探せるかもしれませんね。

 

 

今回の記事に登場したアイテム
オープンラック フォレスト
デスクチェスト 木製(あずま工芸株式会社)
本棚 ブックシェルフ(ジェイケイ・プラン株式会社)
オープンラック tower(山崎実業株式会社)

The following two tabs change content below.
リビングートマガジン 編集部

リビングートマガジン 編集部

「リビングートマガジン」では、専門家によるアドバイスや、スタッフによる実験など、暮らしの中で生まれる素朴な疑問を、解決する情報がいっぱい♪ 是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。