【お知らせ】衣替えに役立つコラムを特集中♪

気になるお風呂のカビを撃退!【タイプ別】カビ取り剤の使い方と掃除のコツ

年末の行事と言えば、大掃除。
大掃除では、窓ガラス、換気扇、お風呂など、普段できない場所をしっかり綺麗にしておきたいですよね。

お風呂掃除の中でも、一番ネックになるのがカビ取りです。賃貸といえども、少しでも長く快適に過ごすために、カビを少しでも減らすようこころがけています。特に我が家は、湿気が多くカビがでやすい家。結露が出やすいので、湿気もこもりがち。油断するとお風呂だけでなく、洗面所や寝室などでもカビが生えてきてしまいます。

今まで様々なカビ取りグッズを試して闘ってきました。我が家のお風呂のカビとの闘いの記録を紹介します。

カビ取りは、ついつい先送りしがち

我が家のお風呂で、一番に黒カビが出やすい場所は、洗い場の床に一番近いシーリング(コーキング)部分になります。洗い場の水や石鹸が飛んで、一番濡れやすくカビやすい所です。

お風呂に入って湯船に入っていると、目線が低くなるので、床近くのシーリング(コーキング)のカビを見つけることができます。でも次の日、お風呂の掃除を立ったまま行っていると、カビは全く目に入ってこないんですよね。「今日は浴槽だけでいいかな」と、普段の掃除ではカビ取りは先送りにしがちです。

そして「いつかまとめてカビ取りしよう」と思っているうちに、ポツポツと増えてきてしまうんですよね。

気がついた時には広範囲に広がってしまい、家にあるカビ取り剤を使っても色素沈着してしまって取れなくなってしまうことが何度もあります。

頑固なカビは、昔ながらのカビ取りスプレーでは取れない?

まず最初に試すのが、昔ながらのカビ取りスプレー。液状の物がスプレーなので広範囲のカビにはうってつけ。とはいえスプレーしすぎると、一気に苦しくなるので、換気をしっかりして、マスクやゴーグルなどを着用して挑みます。赤カビや、初期のカビだったらあっという間に落せます。でも、頑固な目地のカビ取りにはめっぽう弱いです。普通にスプレーしておいても、薬剤が垂れてしまい取れないカビが出てきてしまいます。

カビ取りで重要なことは長い時間、薬剤をカビにつけること。漂白剤をスプレーしてペーパーにしみ込ませラップをかければ、カビに直接薬剤が触れ続けるので、取れなかったカビが取れることがあります。

でもこれって、案外めんどうなんです。カビが取れたか、たまにラップとぺーパーをめくります。「あーまだ取れていない所があった」と戻そうとすると、ペーパーが丸まってうまくかぶせられないんです。カビ取り後も、ラップもペーパーも排水口に流せないので、ビニール袋に縛って捨てる必要があります。面倒な家事って、やはり先延ばしにされがちなんですよね。

スプレータイプのカビ取り剤の上手な使い方

手順

  1. 乾いた状態のカビ部分にスプレーする。
  2. 細長いペーパーを張り付ける
  3. 上からラップで覆う
  4. 30分近く待って、カビがとれているか確認。取れていない場所にペーパーを移動して、再びラップをする。
  5. 水洗いしてすすぐ。きれいになりました。昔ながらのカビ取りスプレーでもしっかりカビは取れます。

しつこいカビに!救世主は目地用カビ取り剤

天井など高い場所のカビへの、カビ取りスプレーでラップ作戦は、落ちてしまい無理でした。

少しそんな時に目地用のカビ取り剤が便利になります。チューブの先が細長く、目地など細かい部分にもカビ取り剤が塗りやすくなっています。スプレーの物より粘度があって、すぐには垂れないように「トロッ」としているのが特徴です。

目地用の中でも「ジェル」状のものが、垂れにくくておすすめです。ジェルに色がついていることが多く、塗った場所が一目で分かりやすくなっています。お風呂の照明は暗めなので、どこにカビ取り剤を塗ったか分かりにくくなり、衣類につくと色が落ちてしまうことが何度もあったので、色がついていると便利です。

また、匂いもほとんどせず、塩素臭くないのが嬉しいです。スプレーだと目が痛くなったりしますが、目地用は痛くなったことがありません。

また透明なので、薬剤の上から、カビが取れたか確認できます。30分もすれば落ちてくるので、落ちていない場所に古歯ブラシで塗り直すだけ。頑固なカビも3時間もおけば白くなっています。

ジェルタイプのカビ取り剤の使い方とコツ

手順

  1. カビ部分が濡れていないのを確認して、ジェルを塗る
  2. 乾いたハブラシで伸ばし、そのまま30分待つ
  3. 取れていないカビにジェルを乗せてしばらく置く
  4. 水ですすいで流す。

 

きれいに取れました。このあと水分を拭き取り乾かしました。商品は「カビとりいっぱつ」を使用しています。

 

カビ予防スプレーで、きれいをキープ!

カビ取りがおわったら、カビ予防グッズを併用するのがおすすめ。出始めの頃は1ヵ月しか効果がもたない商品が多かったですが、最近は2か月から半年など長くなっているので、コスパが良くなってきました。

つるすタイプ、スプレーするタイプ、煙を出すタイプなどさまざま。いずれもカビ取りをしっかりしてから、継続的に予防策をすることがポイントです。私のように色々なカビ予防グッズを試してみるのも楽しいです。

有効期限が過ぎるとカビが出てきます。有効期限をメモして、次の商品を確保しておくと安心ですね。

カビ予防スプレーの効果的な使い方

手順

  1. カビ取りをしてすすぐ。
  2. 拭いて乾かす
  3. 換気をしながらスプレーする。商品によって持続期間は異なります。この商品は約6か月もつ「アズマジック」です。

おわりに

カビ取り剤や予防グッズを選ぶ時に、確認するのが「プロが使用する」というワード。そのようは商品は強力タイプなので、効率よく落とすことが出来ます。ただし強い成分が入っているので、お取り扱いには十分気を付けてください。

カビ取りと一緒に、カビ予防も行うとカビの発生率がぐんと下がりますよ。

カビ予防グッズは出始めた頃より、効果が長持ちするようになりました。コスパがよくなってきたので、おすすめです。効果がなくなるタイミングだけを確認して、予防し続ければカビは発生しにくくなります。
大掃除が終わっても、やっぱり油断するとカビが生えるもの。普段、カビやすい場所を把握して、気がついたときにサッとカビ取りするように心がけたいですね。

こんな記事も読まれています
お風呂のカビに悩まない!おすすめの予防対策とカビ取り剤の効果的な使い方 備え付けの収納棚は必要ない?掃除しやすい&リラックスできる「お風呂」の工夫