大掃除をラクにする!毎日の”捨てる習慣”で手に入れるスッキリ暮らし

大掃除をラクにする!毎日の”捨てる習慣”で手に入れるスッキリ暮らし

今年もいよいよ最後の月。もうすぐ年末を迎え、一年も終わろうとしています。

掃除や片付けは進んでいますか? それとも「やらなくちゃ~」と思いつつ、まだ始められていませんか?

12月はイベントがあったり、買い物、年賀状作りなどあわただしいですよね。
気づけばクリスマスも終わり、「さて大掃除!いやその前に片付けないと!」と始めたものの、「ゴミが出たけど収集終わってる~」泣 

…ということにならないように、今からできることを始めませんか?

モノが多いと掃除も大変

片付かない方のほとんどが、モノが多すぎです。
掃除がしづらいだけでなく、ホコリも出やすくつきやすいので掃除が大変です。

家の不用品を減らせば、大掃除がずっとラクになりますよ。

粗大ごみ集荷の手配をする

大きなゴミを出す予定はありますか?
年末は混雑します。いざ頼もうと思ったらいっぱいで年内回収できないこともあります。

大きなゴミがあればまずは粗大ごみの手配をしましょう。
放置していた大きなモノ。今こそ処分しましょう。

無くなるとスペースができてすっきりしますよ。掃除がしやすくなり、片付けもはかどります。

ごみの日をカレンダーに書く

漠然と片付けを始める前に、落ち着いてまずは年末のゴミ収集日を確認しておくと良いです。
いつもの決められた曜日だと思っていると、いつの間にか変更になってる!なんてことも。

各自治体のホームページを見ると、最終の収集日や年末年始の休業が記載されています。
確認したら、忘れないうちにカレンダーや手帳などに書き込んでおきましょう。

我が家の地域の自治体もアップされていたので、さっそくカレンダーに書き込みました。

ゴミの日に合わせて片付ける

私がよくするのは、ゴミの日の朝に捨てるものを探すことです

普段より少し早く起きて、ゴミ袋を持って家の中をうろうろ。今年1年使わなかった、今後も使う予定が無い、くたびれているモノなどを探します。

収集時間というタイムリミットが決まっているので、思い切って結構捨てられますよ。
捨ててしまうと取り戻せないので、あきらめもつきます。

他にも、陶器ゴミの日に食器を片づけたり、古紙回収の日に古いプリントや教科書を処分するなど、ゴミの日に合わせて整理します。

早起きが苦手な方や、朝はあわただしいという方は、カレンダーや手帳のゴミの日前日に「片付ける!」と書き込みましょう。
「いつか片付けよう」ではなく、いつ片付けるのか決めてしまうと「やらなくちゃ」といつも考えてしまうストレスも無くなります。

捨てるのが苦手な人のための片付け術

片付けの基本は「全部出して使う物を戻す」ことです。
ですが、モノが多すぎると、拒否反応が起こって重い腰が上がらず「またできなかった・・・」と、自己嫌悪に陥ってしまうことがあります。←過去の私

モノが多すぎたら抜くだけでもいい

今いる場所から、ぐるっと周りを見回してみてください。ずっと使っていないモノ、明らかに要らないモノはありませんか?

小さいものでもいいので、まずはそれをゴミ袋に今入れましょう。初めてしまえば、はかどることがあります。

タイマーで30分

捨てることが苦手な私にとって効果があったやり方です。
毎日、30分タイマーをセット。

「今日は玄関!」など片付ける場所を決めて、目につく不用なモノをゴミ袋に入れていきます。
「今日は片付けが進んだ!」達成感とともに、ゴミ袋に不用品が入って行きます。

毎日30分捨てる作業をするだけで数日で部屋がスッキリしていくのを実感できます。

30分と時間が短いので、毎日でも疲れずに続けられます。
始めてしまえばだんだんと判断にも慣れて、ラクに捨てられるようになってきます。

※この30分間はあくまで不要なものを抜くだけにして、収納を考えるのはモノがだいぶ減ってからにしましょう。

やる気が起きないときの対処方法


「始めればいつかは終わります!始めなければ終わりません」
でもなかなか始められない…という場合は、是非試していただきたい方法があります。

例えば、「30分頑張ったら美味しいチョコレートを食べよう」など、ごほうびを考えて楽しめるといいですね。
人間の脳は、ごほうびを受け取ったり、その光景を想像したりすると「やる気ホルモン」と呼ばれるドーパミンが出てきます。
「頑張ったらごほうび」というやり方は、実は大人にも効果的な方法の一つなんです。

自分なりのごほうびを考えよう

あなたにとってのごほうびは何でしょう? 

私は買い物が大好き。でも捨てることが苦手です。
だから「処分して好きなデザインのものに買い替えよう」とか「2つ処分して良いモノを1つ買おう」といったごほうびをよく考えます。

例えば、切りにくいハサミを無印のシンプルなモノに買い替えたり、ほとんど使わないストールを2つ処分してカシミヤのストールを1つ買おうといった感じです。買い替えることで暮らしが楽しくなります。結果、部屋がスッキリして周りが好きなモノになっていきます。

「適正な量のお気に入りと暮らす」ことが私の理想です。

おわりに

いかがでしたか?
ときめくものを残したり、時間を決めて要らないものを抜いたり、モノを減らす方法は色々あります。
性格やライフスタイルによっても合う合わないがあると思いますので、「断捨離を試みたけど失敗した」という方は他の方法を試してみましょう。

年内にゆっくり片付けをする時間が取れなかったり全部が終わらなくても、意識して少しでも減らせれば、あとの掃除がラクになるはずです。年末に少しでも不用品の処分にチャレンジして、来年こそすっきりしたお家を目指しましょう。

The following two tabs change content below.
まい

まい

整理収納アドバイザー1級/整理収納教育士/クリンネスト2級まいcleanlife
都内の築15年小さな一戸建てに住む、整理収納アドバイザー主婦。もともと片付けと掃除が苦手で、開かずの間が3LDK中2部屋あったのですが、資格取得を機に、家中を片付けました。片付けが苦手な人の気持ちに立って、わかりやすいコラムを書くように心がけています。