食品用ラップでラッピング!ラップとマステで可愛くお菓子を包む方法

食品を小分けするのに便利な食品用ラップ。
マスキングテープをプラスすると、可愛らしいラッピングにも使えます。

ラップは透明素材のため、カラフルなお菓子を包むのにぴったりなんです。
ラップはopp袋よりも柔軟性があるので食品の形に合わせられます。
また素材同士が密着するので包みやすいのもポイント。


そんなラップの特徴を生かして、小さなチョコレートやキャンディを包むアイデアをご紹介しますね。
なかなか使いきれないマスキングテープも、ここで惜しみなく使いましょう。

ラップでつなぐキャンディリースの作り方

綺麗なパーケージのお菓子をつなげてリースにするアイデアです。
個包装になっているキャンディやチョコレートでどうぞ。

<用意するもの>

  • 食品用ラップ 幅の短いタイプがおすすめ
  • キャンディ
  • マスキングテープ 数種
  • メッセージ入りのマスキングテープ(太幅)


【1】長く出したラップの上に、キャンディを等間隔に並べます。


【2】ラップの上下を合わせて包み、キャンディの間をマスキングテープで留めます。
色柄の違うマスキングテープを使うとよりカラフルになって可愛いです。


【3】このとき、マスキングテープの端を少し折りこんでおくことを忘れずに。
食べるときにテープを外しやすくするためです。


【4】その後、輪にしてつなぎ目をマスキングテープで留めます。

今回は太い幅のメッセージ入りのテープを使い、タグのように貼り合わせてみました。
これで、できあがりです。

もっと長く作ってネックレス風(キャンディレイ)、小さく作ってブレスレット風にもなります。
ちいさな子どもにあげたら喜びそうですね。

マステの縁取りが可愛い!フリル飾りのラップ包み

ラップの端にマスキングテープを貼るとフリル状の飾りを作ることができます。
キラキラした柄のマスキングテープで華やかに。
この包み方は小さいお菓子のほか、大きめのクッキーや大福といった少し重さのあるお菓子も上手く包めます。

<用意するもの>

  • 食品用ラップ
  • キラキラしたマスキングテープ
  • 無地の黒マスキングテープ
  • ラベル風マスキングテープ
  • 白のボールペン
  • お菓子


【1】広げたラップの両端にマスキングテープを貼ります。

多少ラップがしわになっても大丈夫。
裏返して中央にお菓子を置きます。


【2】キャンディ型に両端をねじって包みます。
中央の合わせ目には、ラベル風のデザインのマスキングテープをカットして、シールのように留めます。


【3】ねじった両端を上に持ってきて一つにまとめて留めます。
端がフリル状になるよう形を整えたらできあがり。


【4】最後にまとめるテープは、黒のマスキングテープに白いペンでメッセージを書き込んだものを使っています。
「thank you」や「for you」などのメッセージのほか、名前を入れたり、中身の名称を書いたりしてもいいですね。

ラップとストローで作る簡単お菓子ブーケ風ラッピング

ラップで包んだお菓子をストローにつけて合わせるとお菓子の花束に。
この包み方は、マシュマロやグミなど小さくて軽いお菓子に向いています。

<用意するもの>

  • 食品用ラップ
  • ストロー
  • 折り紙
  • マスキングテープ(細幅)
  • お菓子


【1】お菓子をラップで包み、両端を長く残します。


【2】ラップの端をストローに巻き、マスキングテープをらせん状に貼って固定します。
このとき、細いマスキングテープの方が巻きやすくておすすめ。


【3】何本も作って束にし、後ろ側を折り紙で覆って花束風にまとめます。
さらに表面にロゴ入りのマスキングテープをシールのように貼って色を足してみました。
曲がるタイプのストローだと、お菓子の角度を調節できるので便利です。

最後にストローの長さをはさみで少し切って短くするとバランスがとりやすくなります。
ストローの色を変えるとまたイメージが変わりますね。

おわりに


ラップはカラフルなお菓子を見せながら包むのにぴったり。

子どもたちを呼ぶおうちパーティの飾りつけに使って、帰りにお土産に持って帰ってもらうのも楽しいですね。
マスキングテープの端をめくりやすいようにしておくと、子どもでも上手に開封できます。

包むお菓子の色合いで大きくイメージが変わります。
アレンジ次第で大人へのプチギフトにもできますから、いろいろ試してみてくださいね。

今回の記事に登場したアイテム

こちらの記事もおすすめ

The following two tabs change content below.
racss

racss

幼いころから「つくること」が好きで調理師に。 主婦の負担になりがちな毎日の料理を楽しめるように、ちょっとしたヒントをお伝えします。 ハンドメイドや菜園づくりの様子はブログ「ハンドメイドと料理+猫 racssの日々の暮らし」で更新中。著書に「かんたん!かわいい!暮らしの手づくり紙雑貨」がある。