本格的な花粉シーズン前に!今から出来る対策&空気清浄機や掃除機などのお手入れ

今年もつらい花粉シーズンがやってきますね。私の住んでいる茨城では2月からスギ花粉が飛び始めるので少しずつ準備を始めています。

スギ・ヒノキ花粉のアレルギーをもっている私は、鼻水、鼻づまり、頭痛、喉の痛みなど症状には昔から悩まされていて、3月4月のピーク時、症状が一番ひどくなり薬が手放せなくなります。

そんな我が家では少しでも症状をやわらげるために、本格的な花粉シーズンに入る前にやっている掃除や対策などの準備があるので、ご紹介していきます。

花粉シーズンに突入している地域の方でも間に合います。マスクを着けてぜひトライしてみてください。

【対策1】掃除機の吸引力を上げる

花粉シーズンに重宝するのが掃除機。家の中の花粉を逃さず吸い取るのが基本になってきます。そこで重要になるのが掃除機の吸引力。

ダストカップタイプの掃除機はフィルターに目詰まりすることで、吸引力が少しずつ下がっています。掃除機を買い替えることなく、吸引力をアップさせる必要があります。

 

一番簡単な方法は丸洗い。フィルターも丸洗いできるタイプを購入して、定期的に洗います。花粉シーズン前には重点的に洗うようにしています。

しっかり乾燥させてから、使用すると、我が家の場合、吸引力が1.5倍近くにアップするのでびっくりします。水洗いできないいタイプも、ハケや筆やブラシなどで優しくホコリを取り除くことをお勧めします。

隅のかたまりをしつこくかきだしていると、こんなにもたくさんの埃が出てきました。この後水洗いして、しっかりと乾かして終了です。

掃除後は、掃除機を吸引力の高い物に買い替えようと思っていた気持ちがなくなるので不思議です。吸引力が落ちてきたと感じたら試してみてください。

【対策2】空気清浄機のフィルター確認

我が家では、ハウスダストアレルギーの息子のためにも、ほぼ一年中稼働している空気清浄機。ふだんは寝る前の数時間のみ稼働させていますが、花粉シーズンは一日中つけっぱなしになります。そうなると、掃除するタイミングをつい逃しがちになります。今のうちに空気清浄機もお掃除しておきましょう。

 

実は空気清浄機のフィルターは、すぐに汚れてしまいます。定期的に中身を出して、掃除機で優しく吸い込み、埃を取り除くようにしています。いきなり「強モード」で吸い込むと、フィルター自体も吸い込む可能性があるので、「弱モード」で浮かせながら行います。

(花粉シーズンは、1ヵ月に一度のペースで定期的に掃除機で吸い取るようにしています。)

また吹き出し口や、取気口の付近では、埃が積もりがちになるので、掃除機のノズルで同じようにかきだすように埃を取り除きます。

脱臭フィルターや集じんフィルターなど自体の交換も定期的(2,3年に一度)にすることで効果を持続させています。

空気清浄機の効果が感じられない時は、まずはお掃除してみてください。

 

 

【対策3】除湿器の掃除

花粉が本格的になってくると、洗濯物は基本、室内干しをしています。そうなると衣類除湿乾燥機を毎日使う事になります。こちらも一日じゅう動かすので、掃除するタイミングがなかなか取れなくなります。ピーク前のうちに掃除をしています。

ファンの吸気口に絡みついた埃を取り除いたり、

フィルターの埃を掃除機で吸い取っています。

特にフィルターは衣類の埃などが積もりやすいので、掃除機を使うタイミングで定期的に吸うようにしています。便利な家電も定期的なお手入れが必須ですね。

水をためるタンクも毎日使っていると、ぬめぬめしてきます。クエン酸でつけ置きしておけば、気持ちよく使うことができますね。除湿器によってはクエン酸が使用できない場合もあります。台所用中性洗剤を薄めて洗うとスッキリしますよ。タンクの水は毎回捨てて、少しでもタンクを乾かすようにしておくとぬめりにくくなります。

 

おわりに

花粉対策として一番にやっておきたいことは、これからのシーズンに大活躍するであろう家電の掃除。窓を開けられなくなるので、室内の埃を家電が吸い込みます。家電の埃をしっかり取り除いておくことで、効率よく運転させましょう。

これから便利な花粉予防アイテムが、たくさん店頭に並ぶようになります。そのような便利アイテムも積極的に取り入れて、花粉シーズンを乗り切っていきましょう。

こちらもおすすめ
花粉から布団を守りたい!布団乾燥機と天日干し対決

The following two tabs change content below.
よしママ

よしママ

お掃除大好き主婦/節約家事のスペシャリストブログ「節約ママのこだわり掃除」
元小学校家庭科教諭。子どものハウスダストアレルギーをきっかけにおそうじにはまり、ブログ「節約ママのこだわり掃除」をスタート。時短家事や節約を楽しみながら日々研究中です。 著書「家族が笑顔になる おそうじの魔法」日本文芸社