引っ越し前後に慌てない!知っておきたい荷物整理と荷造りのコツ

引っ越し前後に慌てない!知っておきたい荷物整理と荷造りのコツ

「引っ越しが決まった。荷造りしなくちゃ!」
目につくものを片っ端から詰めていく・・・なんてことをしたら、その引っ越しは失敗に終わってしまうかもしれません。

私は今年の1月に一戸建てから一戸建てへ家族4人の引っ越しをしました。
その実経験を元に、スムーズに荷物をまとめるためのコツや事前に準備したいこと、梱包に使える100均のおすすめ便利グッズなどについてご紹介します。

荷造りの手順とポイント

まずは「使うもの」「使わないもの」を整理する

引っ越しはモノを減らす大チャンス。
この際、新居には「使う物しか持って行かない」くらいの気持ちで整理をしたいですね。すっきりした新生活をスタートすることができますよ。

荷造りと捨てる作業を同時進行するよりも、「荷造り」と「捨てる」作業は別にする方がはかどります。

まずは家にある「使わないもの」を手放しましょう

引越しで処分した袋

手続きは早めに。直前1週間前まではとにかくモノの整理

まず「荷物を詰め始める日」を決めて、それまではなるべく不要なモノを減らします。

引っ越し直前は色々手続きが多いので、ゆっくり考えながら荷造りをすることができません。「もう全部持って行っちゃえ!」・・・となれば、引っ越し後せっかくの新生活なのに気が重くなってしまいますね。

だからこそ、直前は「詰めるだけ」の状態にしておきましょう。モノが減れば「もらった段ボール足りないかも」という心配もなくなります。

私は引っ越しの2ヵ月前に業者を決めて、段ボールをもらいました。でも実際に荷造りを始めたのは1週間くらい前からです。
それまでは物置にあるモノや思い出の品物、写真の整理など家中のモノを見直しました。

早くから整理を始めるメリットとは?

リサイクルショップに持ち込む、フリマアプリで売る、粗大ごみの手配といったことが事前にできます。
大きな家具や家電などは「売る・処分する・業者に引き取ってもらう」の決定に時間がかかることがあります。時間があれば売って足しになるのに、業者による処分の場合は格安や無料で引き取られてしまいます。

まずは処分しやすいものから始めてみよう

「物置」は不用品を置くことが多いので、ここから整理に取り掛かると勢いがつきやすいです。オフシーズンの服なども判断がしやすいですね。
本は重くてかさばるので、読み返さないものは売ったり処分したりして早めに整理しておくとよいです。

「不用品置場」を初めに確保して、捨てるか迷っているモノもそこに置くと良いでしょう。粗大ごみが出たら都度自治体に手配しましょう。回収日が決まっていたり混んでいる時期は、予約できなくなってしまいます。

引越しの不用品置き場
また、「新居での生活をイメージ」しながら整理をするとモノを処分しやすくなります。

新居のイメージ

時間に余裕があれば、思い出のモノや写真整理も

今回思い切って写真の整理をしました。不揃いのアルバムから写真を全部はがして「リビングで家族と一緒に見たい写真」だけを残しました。
スペース的には4分の1くらいに減ったので、もしそのまま運んでいたらアルバムがだいぶスペースをとっていたと思います。

私は普段からモノ少な目にしているので、写真の整理をする時間を取ることができましたが、
「写真に見入ってはかどらない事態」になりそうな場合は、引っ越し後にゆっくり整理してくださいね。

処分したアルバムと写真↓
写真とアルバムの整理

引越しを期に処分したものリスト(我が家の一例)

入居と同時に購入した家電(15年モノ)はほとんどお役目終了でした。
「新居に持って行きたいか」を基準に見直して、思い切って手放したモノの一部です。

家電

  • 洗濯機→買い替えリサイクル処分
  • 冷蔵庫→買い替えリサイクル処分
  • エアコン→1台リサイクルショップ、1台クリーニング後新居へ
  • 食洗機→粗大ごみ
  • 電子レンジ→譲渡
  • ホットプレート→処分(カセットコンロに乗せる鉄板タイプに変更)
  • たこ焼き器→処分(時間がかかり上手く焼けない)

大型家具

  • 食器棚2つ→1つリサイクルショップ、1つ粗大ごみ(新居は造り付け)
  • ダイニングテーブル、チェア→粗大ごみ(3度も安物を買い替えて失敗・・・新居は一生使いたいものを購入)
  • 物干し→粗大ごみ(新居では長さが足りない)
  • 古いカラーボックス2つ→粗大ごみ(収納物が減って不用に)
  • カーテン→寄付(ワールドギフト)

その他

  • 七五三着物、ハロウィン衣装、子供のアウター→フリマアプリ
  • 次シーズンには着ない服、ストール、マフラー等
  • 使わないおもちゃ→譲渡(大量にあったプラレールなど)
  • 古い教科書、プリント、雑誌
  • 使わない食器

カーテンを寄付↓
不要になったカーテン
プラレールなどを知り合いに↓
プラレールの譲渡
雑誌やプリント類↓
雑誌やプリント類の整理
リストアップした以外にも細々したものを沢山処分しました。
今回は転居先が新築なので、買い替えるものも多かったです。

いよいよ箱詰め!荷造りの順序とポイント

普段使わないモノから荷造りをするのが基本です。
例えば、

  • オフシーズンの服
  • クリスマスグッズなど季節雑貨
  • 来客用や予備の食器など

です。
目につくものを片っ端から入れると、段ボールが生活の邪魔になったり必要なものが出てきて探す・・・ということになりかねません。

普段使わないモノから段ボールに詰めたら、部屋の奥に積んでいきます。段ボールに入れる時に「全部必要なモノかな?」と少し考えるとまた減らせます。(後半はなかなかその時間もないですが・・・)
整理が終わっていれば入れるだけなので手伝いも頼めますね。

段ボールの上と側面には、中身行き先(どの部屋に置くか)をはっきりと明記しましょう。
細かく書いておくと必要なものを探しやすいです。

段ボールに入れずそのまま運ぶものには、行き先を書いたメモを貼ると確認が要らないので業者さんも自分もラクです

荷造りのポイント

「すぐ使うモノ」を入れた段ボールには「すぐ開ける!」と大きく書きましょう。テープの色を変えてもわかりやすいですね。
引っ越し業者さんも「これすぐ開けるでーす」と声をかけて上の方や手前に置いてくれました。

また基本は、軽いものは大きい段ボール、重いものは小さい段ボールに入れます。
整理をして空いた衣装ケースがあれば、そこにバッグやぬいぐるみなどを入れられるため、段ボールを消費せずに済みます。

衣装ケースやタンス、チェストは服など軽いものは入れたままでOKの場合が多いです。※詳しくは依頼する業者さんにご確認ください。

引っ越しに便利だった100均のおすすめグッズ

しょっちゅう使う機会は無いかもしれないけど、引越しにあると便利なモノは、100均で手軽に揃えられると嬉しいですよね。
今回の引越しで重宝したアイテムをご紹介します。

クラフトテープカッター

ガムテープやクラフトテープに付けることで、簡単・きれいにカットができるダイソーのクラフトテープカッターです。
クラフトカッター(100均ダイソー)
4人家族の段ボール数の平均は50~80箱だそうです。我が家は50箱だったので比較的少ない方ですが、梱包作業は大変でした。
ダンボールの底はテープを縦横に貼って丈夫に、上は縦に貼って塞ぎます。テープカッターを使って、きれいに早く進めることができました。
引越しの梱包

ノック油性ペン

こちらも100均で、片手で使えるノック式の油性マーカーです。キャップの開け閉めで手を汚すことがありません。もともとキャップが無いので、失くす心配もなく便利です。
ダンボールには中身や行き先を明記するのに使いました。
ノック油性ペン
太字なのではっきり書けます。実際に書くとこんな感じ↓ 
引越しの箱詰め

家族分を荷造りするときのコツ

夫は平日仕事、子供たちは小学生なのでほとんど私が荷造りをしました。ただその前の整理は一緒にやってもらいました。
「使っていないモノを処分しよう」「要る・要らないしよう」と、普段から定期的に整理をしているので、抵抗なく協力してくれました。

おもちゃを仕分ける子供たち↓
おもちゃを仕分ける子供達

夫と子供へのキーワードは「一緒にやろう!」です。
まかせっ放しだと、なかなか進まなかったり「全部要る」になることがあるので、一緒に作業をして客観的に判断してあげましょう

 

夫の荷物整理後↓ (衣装ケースに入っているのでこのまま運んでもらえます)
整理を終えた衣装ケース

さいごに(ワンポイントアドバイス)

引越し当日に必要なモノは、旅行用バッグにまとめておくと便利です。

引っ越し当日は、すごーく疲れます。
段ボールの山の前で「お風呂、歯磨き・・・どの段ボールに入っているの?」とならないように、スーツケースなどに旅行のつもりで数日暮らせる準備をしておくと困りません。

お金や印鑑などの貴重品も一緒に入れて自分で持ち運べば安心です。スマホの充電器やトイレットペーパーなども忘れずに入れましょう。

準備がうまくいけば、引っ越し当日も荷解きもスムーズに進みます。
せっかくの新生活。モノも気持ちもすっきりと始めたいですね。

併せて読みたい
引越しの後片付けで後悔しない!スムーズにできる荷解き&家具設置のコツ

The following two tabs change content below.
整理収納アドバイザー/まい

整理収納アドバイザー/まい

整理収納アドバイザー1級/整理収納教育士/クリンネスト2級まいcleanlife
都内の一戸建てに住む、整理収納アドバイザー主婦。もともと片付けと掃除が苦手で、開かずの間が3LDK中2部屋あったのですが、資格取得を機に、家中を片付けました。片付けが苦手な人の気持ちに立って、わかりやすいコラムを書くように心がけています。