キャリーカート | リビングートマガジン
【ミニ企画】「夏に読みたい記事」第3弾♪

キャリーカート

キーワード解説
キャリーカートとは、多くの荷物を楽に運べる簡単収束型ワゴンのこと。主にアウトドアやレジャーなどのシーンで利用され、キャンプ場などで車からコテージなどの宿泊する場所まで荷物を運ぶ用途などにも重宝されることから、アウトドア用ワゴンとも呼ばれる。

台車とキャリーカートとの違い
台車の場合はたくさんの荷物を積もうとするとベルトなどで固定する必要がありますが、一般的にキャリーカートはカゴがついたものが多く、運ぶ物のバランスや固定方法を考える必要がないため、気軽にどんどん荷台に積んでいくことができます。
また、台車に比べてタイヤが大きいものが多いため、安定性があります。砂利道や凸凹道、坂道でも安心して運搬できます。

キャリーカートの主な用途
キャリーカートには見た目もオシャレなものが多く、アウトドアだけでなく、子どもの運動会やレジャー用に購入する人もいるようです。操作がしやすく、荷物がたくさん持ち運べ、折り畳めるタイプなら収納も楽です。子供連れでどこかへキャンプに行くときなどは特に便利に使えます。

キャリーカートを選ぶときのポイント
キャンプをする際に荷物を一気に運ぶことができるキャリーカートは、様々なメーカーが製造していて、おしゃれなものもたくさんあります。


選ぶときの主なポイントには、以下の3つがあげられます。


1.重い荷物でも耐えられること(耐久性)
2.より多くの荷物が持ち運べること
3.収納サイズ(折りたためて持ち運ぶことに支障がないか)

ただ、アウトドアでカートを使用したい場合は、どれぐらい積めるかといった容量や、車に積む際に可能な本体サイズなどを確認して合うものを選ぶことをおすすめします。自分に合った商品を選ぶことで、ストレスなく重いものも持ち運べるでしょう。

劣悪な路面環境や砂浜にも対応する丈夫なタイヤによって、荷物をらくに運搬できますので、アウトドアやレジャーなどがお好きな方には特にオススメです。

今回の記事に登場したアイテム
アウトドアワゴン 収束型4輪キャリー キャプテンスタッグ ブラックラベル(パール金属株式会社)