リニューアル作業のお知らせ

シェラカップ

キーワード解説
シェラカップ(英語: Sierra cup)とは、チタンやステンレスなど金属素材でできた小型の軽量カップのこと。食器や調理器具、計量カップ代わりに使えるキャンプ用キッチン器具である。

シェラカップの用途や特徴
キャンプへ行く際は便利なシェラカップですが、主な特徴は3つあります。

1.携帯しやすい
携帯しやすさのポイントとして、「とても軽い」という特徴のほか、シェラカップを重ねる(スタッキングする)ことで、場所を取らずにすっきりと収納できるのも魅力です。また、カップには取っ手が付いており、ちょっとした紐や線にひっかけることができるため、置き場所に困りがちなキャンプに向いています。


2.料理にも使える
シェラカップは調理用の器具としても大変優れています。
食器として使えるのはもちろん、目盛りがついているので、計量もできます。
また、調理器具の用途としては「焼く・煮る・沸かす」などがあり、焼きそばや簡単なコーンスープなど簡単な調理ができます。キャンプでちょっとした料理をしたいといった人にはとても便利ですね。


3.頑丈で扱いやすい
金属製の素材なので頑丈で耐久性があり、落としても壊れにくいです。また、油汚れなども落としやすいので、手入れが楽というのも魅力的です。

シェラカップを選ぶときのポイント
調理や計量にも使えられるシェラカップは、キャンプなどのアウトドアに必須のアイテムです。選ぶときは用途に合わせて、サイズ(容量)や素材、持ち手の形状や長さを確認しましょう。

【シェラカップの主な材質とそれぞれの違い】
シェラカップの素材として、以前はアルミ製のものも見られましたが、最近では主にステンレス製とチタン製が主流になっています。
ステンレスの方が安価で重く、チタン製は高価で軽いという傾向があります。
例えば登山などでなるべく荷物を軽量化したいということであればチタンがおすすめですが、見た目や触り心地も素材によって異なりますので、好みで選んでも問題ないでしょう。

シェラカップという名前の由来は?
シェラカップは、アメリカ合衆国に本部を置く自然保護団体「シエラクラブ(Sierra Club)」が会員用に配ったカップが元になっています。
あまりに人気が高かったため、同種の製品を各社が製造しており、様々なアウトドアシーンで活躍してくれる定番品として親しまれています。
シェラカップは携帯してもかさばらないので、キャンプだけでなく登山などでちょっと温かい飲み物が飲みたいといったときでも重宝するのでおすすめです。使い捨ての紙やプラスチック製の食器に比べてゴミにならないため、エコにもつながりそうですね。

今回の記事に登場したアイテム
アウトドア用品 ステンレス ビッグシェラカップ 630ml(パール金属株式会社)