【ミニ企画】「夏に読みたい記事」第4弾♪

今が掃除時!簡単にできる網戸のお手入れと拭き跡が残らない上手な窓掃除のコツ

春の花粉が落ち着きはじめたこの時期に、是非おススメしたいのが「網戸と窓掃除」です。
一見汚れていないように見えても、網戸や窓の屋外には花粉やPM2.5などのさまざまな粉塵、室内には冬の間にファブリックや衣類から出た細かいハウスダストが大量に付着しています。
今回は、細かい汚れもしっかりと上手に落とす窓掃除の方法のコツをご紹介します。

窓掃除に適した天候

窓掃除に適した条件は「曇天(または朝の早い時間か夕方)」「風のない日」です。
曇りの日は湿度があるので粉塵が舞い上がりづらく、水滴の乾きも遅いため水あとが残りにくいからです。
日光の反射も少ないので汚れを見つけやすく、仕上がりのチェックもしやすくなります。
また強風だと濡れた窓に粉塵が付着しやすくなり、ホコリを吸い込んでしまうため、なるべく風の少ない日を選びましょう。

網戸掃除の手順とコツ

窓掃除の基本は「網戸 → 外側窓 → 室内側窓」の順番です。
汚れている外側から、きれいな室内側の順でやると拭き残しのチェックがしやすくなります。

STEP.1
プレ掃除で網戸についたホコリを払う
網戸掃除のブラシ(材質)
ホコリなどの粉塵が室内に入らないように窓を閉め、網戸の掃除を開始します。
まず、掃除に取り掛かる前のワンステップ「プレ掃除」として、全体に柔らかいブラシをかけます。おすすめは洗車用ブラシ(※)です。
網戸を傷つけず、ブラシの先端が網目に詰まった汚れを掻き出します。

※ホイール・下回り用ではなく、ボディ・ガラス用の柔らかく傷つきにくいブラシを選んでください。

網戸の掃除
粉塵が舞い上がるのでマスクをして風上に立ち、上から下に汚れを払っていきます。
細かい溝に溜まった砂も払い落としておきます。
このひと手間で、水を使っても真っ黒になるのを防ぐことができます。

STEP.2
柔らかいスポンジで水拭き、洗い拭き
網戸の洗い拭き
バケツに水を入れ、柔らかいスポンジにたっぷりと水をふくませ網戸全体を水拭きします。
水を浸透させて汚れを浮かせるためです。

自作の網戸掃除スプレー
水に台所用中性洗剤を数滴入れて混ぜ、スプレーボトルに入れたものを作ります。
スポンジにたっぷりスプレーしながら洗剤で洗い拭きをします。

中性洗剤はアルミサッシの変質を気にせず安心して使用できます。
網目に沿って縦方向→横方向を拭きます。スポンジを押し付ける様にせず、軽く浮かせながら拭くのがコツです。

STEP.3
毛足の長いクロスで仕上げ拭き
マイクロファイバークロスで掃除
網目の中も拭き取れるよう毛足長めの厚手のマイクロファイバークロスで洗剤を水拭きします。
この時も縦方向→横方向に拭き取ります。室内側からも汚れが押し出されているのでしっかり水拭きをして仕上げます。

外側の窓掃除の手順とコツ

STEP.1
プレ掃除をしながら、汚れのチェック
窓の汚れをチェック
外側の窓は小石や固い汚れが付着していることがあります。そのまま拭き掃除をするとガラスを傷つけることになるので、洗車ブラシで表面のホコリを払いながら傷つきやすい汚れがないかチェックします。
STEP.2
柔らかいスポンジで水拭き、洗い拭き
中性洗剤で窓掃除
網戸と同じように水を含んだスポンジで水拭きをし、中性洗剤スプレーを窓全体にたっぷり吹き付けて、スポンジで上から下に向かって洗い拭きをします。
STEP.3
スクイージーで水気をきる
スクイージーで窓掃除
水気が乾ききらないうちにスクイージーをかけていきます。
綺麗なかけ方は、横 → 横 → 最後に縦の順番です。
STEP.4
仕上げチェック
窓に筋が残らないコツ
スクイージーは一回かける度にゴムにつく洗剤を拭きながらかけると筋が残りにくくなります。最後は下に溜まった洗剤と窓の四隅に残った水気を拭き取ります。
MEMO
私が使用しているスクイージーは、スポンジとスプレーボトルが一体化されたハイブリッドタイプです。必要な道具が少ないと、気軽に窓掃除をすることができます。

おすすめのスクイージー

室内側の窓掃除の手順とコツ

STEP.1
室内が汚れないように下準備
室内の窓掃除
室内を拭くときは、カーテンを束ね窓の下に古タオルなどを敷いて養生します。
STEP.2
スポンジで水拭き、洗い拭き
外側窓よりしっかり絞ったスポンジで水拭きをし、洗剤をスプレーして洗い拭きをします。
STEP.3
スクイージーで水気をきる
外側窓と同じようにスクイージーにつく洗剤を拭きながら水気を切り、四隅に残る水気を拭き取ります。
STEP.4
仕上げチェック
窓掃除の仕上げ
最後に外側、内側が綺麗になった状態で斜め下から見上げるようにして拭き残しや汚れがないかチェックします。
拭き残しがあった場合は、乾いたマイクロファイバークロス(毛羽が残りにくい毛先の短いタイプがおすすめです)で拭き取り終了です。

まとめ

スポンジ+バケツの水、スプレーボトルを使うと周囲に水が流れることがないのでマンションなどの集合住宅でも簡単に窓掃除をすることができます。
また水の使用量もおさえることができるので水道料金の節約にもつながります。

大掃除をしてから窓掃除はしていない・・という方は是非、今のタイミングでやってみてください。梅雨が来る前の心地よい季節を満喫するためにも、窓のお掃除はおススメですよ!

こちらもおすすめ
「夏が来る前に終わらせたい!」ホースを使わずキレイにできる【ベランダ】のプレ掃除 マイクロファイバークロスを使うおすすめの新しい掃除方法とは?