【お知らせ】衣替えに役立つコラムを特集中♪

どうしてる?「こども服」収納。自分で選びやすいKIDSクローゼットのキホン

最近では、こども服の種類も大人顔負け! かわいい子供服がたくさん売られていますね。しかもお値段が大人の服に比べてロープライスだったりするので、ついつい新しい服を購入することも多いのではないでしょうか。
また、頂き物も多くて、気づけば「こども服のクローゼット」がパンパンに!

ぎっしりと服が詰まっているクローゼットからは、しまうのも洋服選びも大変です。(大人でも大変なのにこどもができるワケないよね!?)
急な気温の変化の時にも対応できる服をパっと取り出すのは難しく、新しい服を購入する羽目に・・・
「何とかしなきゃ」ってわかっちゃいるけど、どうしたらいいの?
 
ということで。
――わが家の事例も参考に、こどもクローゼットの管理の仕方・片づけ方方法をご紹介します。

目指すは、こどもが「自分で洋服選びできるクローゼット!」

こどもが自分で選びやすい服の量って?

去年買った服、今年買った服、頂き物の服、お下がりの服。
サイズが小さいから、引き出しにきゅーっと収まってはいるけれど・・・
こどもに自分で服選びをさせるのって、気が引けますよね。

きっと引き出しがぐちゃぐちゃになってしまう
床やクローゼット周りに服が散乱しそう

乱れてしまう理由は、どんな服なのか出して見ないとわからないから。
それは大人だってきっと同じ! ただ「出した服を片づけるのも自分」ってわかってるから、なるべく乱れないように服を出し入れすることが出来るだけ。

一目で選べる量が理想

こどもが自分で洋服選びができるクローゼットにするには、こどもが管理しやすい量にしておくことがなんと言っても大事!
こどもが自分で管理できる量は、年齢によっても違いますが、引き出しを開けて「ぱっとみてわかる」のが適量です。
クレヨンの箱を開けて12本のクレヨンがならんでいるように、「この中から選んでね!」と声がけしやすいようにしています。

こども服は何枚あったら安心ですか?

大人の服とは違い、成長に伴ってほぼ毎年サイズアウトしてしまうのも、こども服を管理するのが難しい理由のひとつ。
引き出しの中など、こどもの目につくところに、小さくなった服や、まだ大きすぎるお下がりの服は混ざっていませんか?

こどもは好奇心旺盛♪
見えない物、チラ見えしている物は、宝探し感覚でいろいろ引っ張り出したくなってしまうでしょう。

MEMO
忙しい朝に、「なんでそれ着たの???」と着替え直さなくてもいいように、引き出しの中をこどもが選んでいい服だけに厳選しておいてあげることが大事です。

管理しやすい量に厳選してみる

まずは、サイズを分けるところから始めましょう。

  1. 今シーズン着られるサイズ
  2. 来シーズンまで待つ服
  3. サイズアウトした服
  4. きっと着ない服(汚れやダメージがひどい、明らかに好みではない服)
 
こんなふうに、4つのカテゴリーに分けていきます。
分けられたら、今度はそれぞれ管理する場所や方法を決めていきましょう。

来シーズンまで待つ服

まず、2の「来シーズンまで待つ服」は、今シーズンの出番はないので、まとめて別の場所で管理します。
クローゼットの上棚など、いつも目につく場所や忘れない場所がいいですね!

サイズアウトした服と、きっと着ない服

3の「サイズアウトした服」は、ご兄弟などにお下がりとして回す場合には、2と同じく保管します。
ご兄弟に回す必要がない場合には、お友達や甥っ子・姪っ子にあげる、リサイクルに出す、寄付するなどの方法でクローゼットから出してしまいます。
4の「きっと着ない服」については、処分または3と同じく誰かに着ていただけるような方法を選びましょう。

今シーズン着られるサイズ

そして、最後に1の「今シーズン着られる服」をクローゼットにしまっていきます。
全部で何枚くらいあったでしょうか?
こどもはすぐに汚すから、こども服は何枚あってもいいとは言え、限度がありますよね。
 
■ 今日着る物
■ 明日・あさって着る、洗い替え
■ 汚した時の予備
 
それぞれ何枚必要ですか?
それは、こどもが選びやすそうな枚数でしたか?

おそらく、男の子か女の子かによっても違いますし、成長するにつれて、汚れる頻度や一日に何度も着替えることも減ってくるでしょう。
最低必要数に加え、コーディネートに必要な分もあるかもしれません。

MEMO
うちの子の場合は●●枚必要!と、自分で安心できる量を意識してみましょう!

安心量の把握は「感覚的に」「ざっくり」でOK!

安心できる量が、ある程度わかったら、収めたい場所に収めます。
引き出しチェスト・PP引き出しなどがオススメです。

収めてみたらどれくらいの量になりましたか?
こどもが出しやすそうな量でしたか?

我が家のこども服の収納ルール

わが家の場合は、無印良品のポリプロピレンクローゼットケースの横一列に収まる量にするのがルール。
手前から、「長袖」「トレーナー」「半袖・ノースリ」各シーズン1列分づつ。
引き出しの奥は取り出しにくいので、手前にオンシーズンの服を配置しています。

自分にとっての「安心できる量」を見た目で把握できる目安をつけておくと、今買う必要があるのかないのかを把握しやすくなります。

ちなみに、先ほど紹介したわが家の安心量は、娘が幼稚園の頃の話です。
洋服のサイズによって同じ枚数でも必要なエリアの大きさは変わるので、ちょっと注意が必要です。

吊り収納の場合の安心量の目安

小学生になった頃から、サイズも大きくなってきて畳むのも手間になったので、今は吊り収納に変えました。
吊り収納になった今は、安心量の目安はハンガーの本数で決めています。
「ハンガーが空いたら新しい服を買う。」

そろそろおしゃれ心が芽生え、新しい服がほしいという欲求が増えてくるお年頃になった娘。ハンガーの本数ルールは、大人だけではなく、こどもにもわかりやすい目に見えるルールとなっています。
(ここに吊っているのは大体2シーズンOKの洋服。今は真夏・真冬のものはありません。衣替えの手間でいうと3シーズン分ですが、季節感のない洋服を選んじゃうこともあり、わが家では2シーズン制にしています。2シーズンあれば、急な寒い日・夏日にも対応できます!)

さいごに

わざわざ、片づけ・整理するのってちょっと面倒だなって思いますよね。
そんな時は「ついで」にやっちゃうのが、おすすめ!

私も衣替えのタイミングの「ついで」を利用して、今の仕組み作りをしましたよ。
一度仕組み・ルールができると、洋服のサイズ・季節が変わっても管理が楽になりました。

片づけなんて「ついで」にさっさと終わらせて、楽しい時間を過ごしましょ!