【ミニ企画】「夏に読みたい記事」第4弾♪

簡単でおいしい!ココナッツオイルで作る糖質オフのヘルシーチョコレート

様々な効用で知られるココナッツオイルですが、料理に使うほかにお菓子に使うのもおすすめです。
この記事では、冷えると固まるココナッツオイルの性質を利用した、ココナッツオイルチョコレートの作り方をご紹介します。

糖質オフで作ることができ、ダイエットしたいけどチョコレートがやめられない!という人にもおすすめしたいヘルシーチョコです。

ココナッツオイルの特徴


ココナッツオイルは、25℃以下ではこのように固まった状態になります。
この性質を利用して、バター代わりにトーストに塗るなどの使い方もできるのが、他のヘルシーオイルと違う点でもありますね。

免疫力アップや整腸、認知症予防などの効用が期待されるので、毎日大さじ2杯ほど摂取するのが良いとされています。

加熱にも強く炒め物やスープに入れるなど様々な使い方ができますが、ほのかなココナッツの甘い香りはお菓子に使うのにもぴったり。

ココナッツオイルチョコレートの材料

ナッツ入りのココナッツオイルチョコレートを作る材料です。

材料
  • ココナッツオイル 120g
  • 糖質ゼロ甘味料(液体タイプ)大さじ3
  • 塩 ひとつまみ
  • 純ココア 大さじ3
  • ナッツ類(アーモンド・くるみ・パンプキンシード・ココナッツファイン)

※糖質を制限しなくてよい場合は糖質ゼロ甘味料の代わりに、ハチミツやオリゴ糖、砂糖などお好きな糖類で作ることができます。
※ナッツ類はお好きなものを用意してください。ドライフルーツもよく合います。

型としてチョコレート用のアルミカップを用意します。アルミカップだと出来上がったあと手に取りやすくおすすめですが、シリコン製のチョコレート型や製氷皿などで作ることもできます。

ココナッツオイルのざくざくナッツチョコの作り方

手順1
オイルを溶かす

ココナッツオイルが固まっている場合は、液体状にしてから使います。
熱いお湯にオイルの入ったボウルをつけて「湯せん」するか、電子レンジの「生もの解凍(200W)」で1分ほど温めます。
ココナッツオイルを温めるときの注意
ココナッツオイルを温めて液体状にするときは、「湯せん」が安全でおすすめです。
電子レンジを使う場合、通常のワット数だと数秒でオイルが沸騰し、とても危険!
必ず「生もの解凍モード」など低いワット数に変えて使用してください。
手順2
チョコレート液をつくる
ココナッツオイルに純ココアを混ぜ、滑らかになるまでかき混ぜます。
甘味料と塩も同時に加えます。
これが「チョコレート液」になります。
チョコレート液をつくる
手順3
ナッツを刻む
ナッツ類で大きいものは包丁で刻んでおきます。
ナッツを刻む
手順4
型に注ぐ
アルミカップにナッツ類を入れた上から、チョコレート液を注ぎます。

このチョコレート液はココアが沈殿しやすいので時々かき混ぜながら作業をしてください。
型に流し込む

手順5
冷やし固める
その後、冷蔵庫で冷やし固めます。
アルミカップの大きさにもよりますが、芯まで完全に固めるには冷蔵庫の場合で3時間見ておくと安心です。
急ぐ場合は冷凍庫に入れてもOK。冷凍庫なら1時間で固まります。

ココナッツオイルチョコ
できあがり。
完全に固まるとアルミカップからきれいに外れます。
暑い季節は室温でも溶け出しますので、冷蔵庫で保管し、食べる分だけ取り出すようにするといいですね。

お麩を使った低糖質のパフチョコの作り方

「ココナッツチョコレート液」は通常の溶かしチョコレートと同じく、クッキーやラスクなどのコーティング用に使うことができます。
ダイエット中にパンやスナックの代わりになる「麩」を使うと、ヘルシーな「パフチョコ」ができますよ。

麩は小麦粉のグルテンからできているので炭水化物の量が少なく、糖質制限食にも使いやすい食材です。
早速作ってみましょう。

パフチョコの材料
材料
  • 好きな大きさの麩
  • ココナッツオイルのチョコレート液
    • ※表面にかけるためのココアパウダーやシナモンパウダーもお好みで用意してください。

パフチョコの作り方と手順

チョコ液をしみこませる
【1】麩にチョコレート液を染みこませます。
このとき、チョコレート液が温かい状態の方が染みこみやすいですので、随時温めながら行います(ココナッツオイルを温めるときの注意を参照)

冷やし固める
【2】平らなトレーに並べ、シナモンパウダーやココアパウダーを振りかけます。冷蔵庫で冷やし固めます。

パフチョコ
できあがり。
冷えているときはサクサク、溶けてくるとじゅわっと染み出すオイルが楽しめるお菓子になりました。

おわりに

毎日大さじ2杯の量を摂取すると、体調を整えられるというココナッツオイル。
オイルの状態で大さじ2杯を摂るのはなかなか難しいですが、このようなお菓子にすると食べやすくなります。

今回のナッツチョコは直径3cmのチョコレートアルミカップで作りましたので、この大きさだと4つくらい食べると良いですね。
いろいろなナッツを入れることで、ビタミンやミネラル補給にも。
ダイエット中のおやつとしても強い味方になりそうです。

ヘルシーなココナッツオイルチョコレート、ぜひ作ってみませんか?

こちらもおすすめ
ふわふわで美味しいヘルシーおやつ「おから蒸しケーキ」の作り方