【お知らせ】衣替えに役立つコラムを特集中♪

体よろこぶ!簡単おいしい「スムージー」の失敗しない組み合わせ&おすすめレシピ

スムージー

野菜やフルーツを手軽に摂ることができ、とってもおいしいスムージー。日頃、冷蔵庫に常備している食材を使うだけで作れるスムージーですが、実際にどんな組み合わせがおいしいのか、作るときにちょっと悩みますよね。

そこで今回は、ゴクゴクとおいしく野菜やフルーツを摂ることができる、スムージーのレシピをいくつかご紹介します。

野菜不足を補うことができる「グリーンスムージー」と、デザート感覚でいただける甘くておいしい「フルーツスムージー」のレシピを3つずつご紹介しますので、毎日の生活にぜひお役立てください!

冷蔵庫にある食材で!お手軽おいしいスムージー

スムージー食材
野菜やフルーツを手軽にたっぷりと摂ることのできるスムージー。冷蔵庫にある野菜やフルーツを使用し、ご自宅にあるミキサーやブレンダーで撹拌(かくはん)するだけ!と作り方はとても簡単。忙しい日にもパパッと作ることが可能なんです。

スムージーと市販の野菜ジュースとの違いは?

加熱処理された市販の野菜ジュースと違い、凍らせたor生の果物や野菜をそのまま皮や繊維ごとミキサー等にかけて飲むことで、栄養素や酵素が熱で壊されることなく全て体内に取り込む事ができるというメリットがあります。

デザートやシェイク感覚で栄養が摂れる

フルーツは生のものを使えるのはもちろん、冷凍フルーツを使うとまるでシェイクのような冷たくておいしいスムージーを作ることができるんです!
(ただし、グリーンスムージーを朝食代わりにしたい場合は、冷たいスムージーだと代謝が悪くなってしまうので、常温のスムージーがおすすめ)

食欲のない時にもぴったりのスムージー。以下に、ひんやり飲んでも常温で飲んでもおいしいスムージーレシピをたっぷりとご紹介します。

おすすめのグリーンスムージーのレシピ3種

まずは、鮮やかなグリーンとさわやかな飲みごごちの「グリーンスムージー」おすすめレシピからご紹介します。

グリーンスムージーを作る際、葉野菜を使用することが多いですが、その中でもおすすめなのは小松菜チンゲン菜といったクセのない葉野菜。フルーツとの相性も良く、すっきりとおいしくいただくことができます。

また、グリーンスムージーというと葉物野菜を使用するイメージがありますが、アボカドなどを使用して作ることも可能。アボカドは栄養価が高く他のフルーツと合わせるとまったりと飲みやすいドリンクになり、おすすめです。

グリーンスムージーは栄養素の吸収速度が速くなるので、野菜・フルーツ・水(豆乳や牛乳でも可)以外に余計なものは入れないのが基本。甘みが欲しいからと砂糖を入れてしまうと、グリーンスムージーとの相乗効果で血糖値が急上昇してしまいます。なので基本的に今回のレシピでは砂糖を使わず、果物本来の甘みやはちみつで調整しています♪

小松菜とオレンジ、バナナのスムージー

最初にご紹介するのは、小松菜にオレンジとバナナを合わせたスムージー。クセがなくおいしい小松菜に、さわやかなオレンジと甘いバナナ、ヘルシーな豆乳を合わせることで、甘みがありながらも飲みやすく、健康的なスムージーに仕上げています。
小松菜バナナオレンジスムージー

材料(1人分)

  • 小松菜 1束(30g程度)
  • バナナ 1/2本
  • オレンジ 1/4個
  • 豆乳 70ml
  • はちみつ 小さじ1/2

<作り方>

  1. 小松菜は洗ってから3〜4センチ程度のざく切りに、バナナは手で半分に折り、オレンジは皮をむいて実だけを包丁で取り出しておく。
  2. ミキサーに材料をすべて入れ、なめらかになるまでしっかりと撹拌(かくはん)して完成です。

 

MEMO
小松菜は比較的安価でいつでも手軽に入手することができるのでグリーンスムージに適した葉野菜と言えます。しかも小松菜は牛乳よりもカルシウムの含有量が多く、鉄分が豊富に含まれているという嬉しいメリットも!

チンゲン菜とりんご、キウイのスムージー

チンゲン菜も素材自体にクセがなく、グリーンスムージーにぴったりのお野菜といえます。糖質だけでなくカロリーも低い上に、多種多様なビタミンやミネラルを含む優秀な食材なんです。
今回はりんごとゴールドキウイとお水を加え、すっきりと飲みやすいスムージーにしました。
チンゲン菜とりんごキウイのスムージー

材料(1人分)
  • チンゲン菜 50g
  • りんご 1/4個
  • ゴールドキウイ 1個
  • 水 1/2カップ

<作り方>

  1. チンゲン菜はきれいに洗ってから3〜4センチのざく切りにする。りんごは洗って芯を外し、皮をむかずにざく切りにする。ゴールドキウイは皮をむいて5〜8ミリ程度の輪切りにしておく。
  2. ミキサーに材料をすべて入れ、なめらかになるまでしっかりと撹拌して完成です。

 

MEMO
キウイはグリーンのキウイでも良いのですが、今回はゴールドキウイを使い、甘みを出し飲みやすく仕上げています。強すぎる酸味が苦手な方は、ゴールドキウイを使用するレシピがおすすめです。

アボカドバナナスムージー

アボカドを使用すると、シェイクのようにとろっとした喉越しのスムージーに仕上げることができます。今回は甘みのあるバナナとりんご、牛乳と合わせました。
アボカドはしっかりと熟したものを使用するのがポイントです♪
アボカドバナナスムージー

材料(1人分)
  • アボカド 1/2個
  • バナナ 1/2本
  • りんご 1/2
  • 牛乳 1/2カップ

<作り方>

  1. アボカドは外側からぐるっと1周包丁をいれて半分に割り、種と皮を外してから3センチ程度のざく切りにしておく。バナナは手で半分に割り、りんごは洗って芯を外し、皮をむかずにざく切りにする。
  2. ミキサーに材料をすべて入れ、なめらかになるまでしっかりと撹拌して完成です。

 

MEMO
アボカドはフルーツの一種ですが糖質がほとんど含まれないため、アボカドと野菜だけでスムージーを作ると甘みがなく飲みにくさを感じてしまいます。そこで今回のレシピのように、甘みの強いフルーツを合わせたり、少量のはちみつを加えたりすることで、ぐっと飲みやすく美味しくなります♪

デザート感覚で楽しめるフルーツスムージーのレシピ3種

ここからはフルーツを使ったフルーティでおいしいスムージーを3種類ご紹介します。ジュースのように甘くて飲みやすく、朝食やおやつにぴったりレシピ満載。お子さまにもおすすめのものばかりです♪

いちごとバナナのヨーグルトスムージー

まずは王道の組み合わせ、いちごとバナナを使用したスムージーをご紹介します。ヨーグルトを使用することで、バナナを加えながらもすっきりさわやかな飲みごごちに仕上げています。
いちごとバナナのヨーグルトスムージー

材料(1人分)
  • ヨーグルト 1/2カップ
  • いちご 4〜5粒
  • バナナ 1本
  • はちみつ 小さじ1

<作り方>

  1. いちごは洗ってヘタを外しておく。バナナは皮をむいて手で3等分に折っておく。
  2. ミキサーに材料をすべて入れ、なめらかになるまでしっかりと撹拌して完成です。
ヨーグルトはお好みの種類で。脂肪分が多ければ多いほど、濃厚でコクのあるスムージーに仕上がります。

マンゴーとオレンジのスムージー

こちらは冷凍のマンゴーを使用した、まるでシェイクのようなひんやりおいしいスムージーのレシピ。冷凍マンゴーなら、いつでも冷凍庫に常備しておくことができ、暑い日のおやつがわりにパパッとスムージーを作ることが可能です。

オレンジを入れることで、少しさわやかな口あたりにすることができます。
マンゴーとオレンジのスムージー

材料(1人分)
    オレンジ 1/2個
    マンゴー(冷凍)80g
    牛乳 1/2カップ

<作り方>

  1. オレンジは皮をむき、包丁で実を外しておく。
  2. ミキサーに材料をすべて入れ、なめらかになるまでしっかりと撹拌して完成です。

※氷や凍ったフルーツを撹拌できるタイプのミキサー・ブレンダーを使用してください
 

MEMO
マンゴーには食物繊維が豊富に含まれているので、おなかの調子を整え、便秘解消に効果があります。また余分な水分や塩分を排出してくれるカリウムを含んでいるので、むくみの解消効果もあります。ただしアレルギー症状を起こす可能性もあるので、初めて召し上がる場合は十分注意してくださいね。

いちごとブルーベリーのスムージー

いちごと冷凍ブルーベリーを使用したスムージーは酸味と甘みのバランスがちょうどよく、さっぱりとして飲みやすいのが特徴。
いちごとブルーベリーのスムージー

材料(1人分)
  • いちご 5〜6粒
  • 冷凍ブルーベリー 10粒
  • 牛乳 1/2カップ
  • はちみつ 小さじ1/2

<作り方>

  1. いちごは洗ってヘタを外しておく。
  2. ミキサーに材料をすべて入れ、なめらかになるまでしっかりと撹拌して完成です。

 

MEMO
ブルーベリー同様、いちごも冷凍のものを使用することが可能ですが、その場合は氷や冷凍フルーツが撹拌できるミキサー・ブレンダーを使用することと、牛乳の量を50mlほど増やすことがポイント。水分を増やすことで、なめらかに撹拌しやすくなります。

毎日続けやすい!スムージー生活でヘルシーな食生活を。

今回は、これからの季節にぴったりのスムージーレシピをいくつかご紹介しました。
すっきりと飲みやすいものから、甘さがあってデザート感覚でいただけるものまでご紹介しましたが、食材を上手に選ぶことで、自分好みのスムージを手軽に作ることができるんです。

スムージーパパッと作りゴクゴクとおいしく飲めるスムージーは、日頃野菜不足が気になっている方にぴったり! 家族みんなでおいしくいただくことができ、毎日続けやすいのも嬉しいポイントですよね。

ぜひご家庭で、季節の野菜やフルーツを使用したおいしいスムージーを作ってみてくださいね♪