置き場所に困ってない?使い方や使用頻度で見直す「キッチン家電の収納」アイデア | リビングートマガジン
【ミニ企画】「夏に読みたい記事」第3弾♪

置き場所に困ってない?使い方や使用頻度で見直す「キッチン家電の収納」アイデア

突然ですが・・・
私、家電量販店巡りが好きです。笑

どんどん機能が充実してくるキッチン家電。
専門店のようなおいしいお料理が家で簡単に作れる物や、ホームパーティーで活躍してくれそうな見た目もおしゃれな調理家電がたくさん出ていますね。

材料さえ入れたらワンタッチで焼きたての食パンが食べられる「ホームベーカリー」は、今や5人に1人は持っているというご時世ですが――

「便利だから」「はやっているから」「時短できるから」
などと、あれこれ買っているうちに、自宅のキッチンが時々使うキッチン家電で大渋滞してしてしまいがち。

「あー、、、うちのこと!?」と思った方!
時々使うキッチン家電との上手な付き合い方を、一緒に考えてみましょう!

そのキッチン家電、「最近使ったのはいつ」ですか?

まず、考えてみたいのが使用頻度。
悩ましいキッチン家電たちを最後に使った順に並べてみましょう。

使用頻度チェック
  • 一番最後に使ったのはいつかな?
  • どれくらいの頻度で使うのかな?
  • 次はいつ使うかな?
今はそんなに使わないけど、冬になったらよく使う卓上コンロとセットの土鍋や、かき氷・流しそうめん機など、季節限定でグっと使用頻度が上がる家電もあるでしょう。

そういった物は季節家電として扱います。

「毎日は使わない」を、もう少し細かく紐(ひも)解いてみることが大事。
週に1回は使うのか、季節ごとなのか、年に1回程度なのか。

実は「いつか」と思いつつ、何年も使っていなかった物もあるかも!

「ホントはもっと使いたい・・・」処分に迷うときは?

使用頻度が低い物は捨てましょうって、ある本に載っていたな・・・。
でもなーーー

理屈ではわかっていても、手放す決心まで出来ない物もあるかもしれませんね。

――実は、わが家にもあります。
圧力鍋です。
「これいいよ」と結婚のお祝いで頂いた、ガスコンロにかけるタイプの圧力鍋です。
今は電気式の圧力鍋を愛用しているため使うことはないのですが、お祝いに頂いた物だから、と簡単に処分するのにも躊躇してしまいます。
「頂き物」や「高かった」など、処分に踏み切れない理由は様々。

――でも。
もしかして、使用頻度が低いからと奥にしまい込んでいたことで、使うのが面倒になってしまっていただけの物もあるのかもしれませんよ?

「もっと使いたい」という気持ちが少しでもある物は、1週間ほど、キッチンのベストポジションに置いてみてはいかがでしょう。
1週間置いてみて、手に取らなかったとしたら、それは「今のわが家には必要のないもの」。

久しぶりに使ってみて、「これいい!また使いたい!」となったら、しまい込むのはやめて、もっと使いやすい場所に定位置をつくっていきます。

兼用使いできる物を探してみよう!

収納する場所を考える前に、もうひとつ考えておきたいのが「別の物で代用できないか」です。意外と「便利」と思っているキッチン家電の機能の多くは、他の物でも代用できるかもしれませんよ。

例えば・・・

  • ミキサー
  • ジューサー
  • フードプロセッサー
  • ハンドブレンダー
 
これらは、使い勝手や機能の違いは多少あれど、どれも食材をすりつぶすための家電です。今、一番自分が「やりたい」と思っていることはなんでしょう?
 
  • スムージーを飲むこと?
  • 仕込み時間を楽にしたい?
  • 野菜たっぷりのポタージュを作りたい?
 
日々のご飯のメニューとしてどんな物を出したいかをイメージすることで、優先したい調理家電が決まってきませんか?

スムージーをおいしく飲みたい方には、ミキサーやジューサーは必須!
下ごしらえなど料理の仕込みを楽にしたいなら、フードプロセッサーが欲しいところ。
ポタージュスープを作りたいなら・・・作る量によって必要な家電は変わるかな?

どれも便利で人気の調理家電ですが、日々の家事を楽にしようと思うのならば「使いやすい場所」「メンテナンスのしやすさ」も大事な条件。

我が家の場合だと・・・

●スムージーには憧れるけど、最近は市販のスムージーもあるから、飲みたい時に買えばOK
→ジューサーは必要ない!

●ミキサーは掃除が面倒
→コンパクトで掃除もシンプルなハンドブレンダーで代用

●親戚が集まってご飯を食べる機会が多いし、仕込みが大量・楽にしたい
●お菓子作りもしたい
→フードプロセッサーは手元にあると安心


先日、餃子パーティーをした時にも「フードプロセッサー」が大活躍!
キャベツのみじん切りも、挽肉をこねるのもワンタッチで完了です。

以上の理由で、「ハンドブレンダー」と「フードプロセッサー」の2つに、手持ちの調理家電を絞りました。

何を優先したいか、他のものや市販のものもうまく利用して代用できる物はないか。
ちょっと考えてみると、手持ちのものもコンパクトになるかもしれませんね。

ここなら安心!キッチン家電の定位置のつくりかた

使う頻度や、今の暮らしに本当に必要な家電の種類と量が決まったら、次はどこにしまうかを考えましょう!

週に1回程度使いたいもの

週に1回程度使う物(使いたいもの)は、ぱっと手に取れてしまいやすい一軍エリアに置けたらベストです。
わが家のハンドブレンダーは、シンク下におろし金やスライサーと一緒に、「時々使う調理お助けグッズ」として収納しました!


シンク下の引き出しは、ファイルボックスを利用してざっくりとエリアを仕切り、水回りでぬれた手で触るような器具を収めるエリアとして利用。
左から2つめのボックス手前(白いスティック)が定位置です。

使用頻度低め。重さのある二軍家電


使用頻度は低いけれど、重さもあるキッチン家電。出してすぐにコンセントにさせるよう、キッチンの作業スペースに設置したコンセント口のすぐ下にある収納スペース(L字型キッチンのコーナー収納で使いにくい部分のスペース)にまとめて収めています。

収納スペースが無い場合は?

キッチンに収納スペースのない場合には、同じ形状の箱に入れて並べれば、形・色様々な二軍の家電もすっきり見せ収納が可能です!


また、お客様宅の片付け作業では踏み台を使わないと届かない上吊り棚に置くことも多いですし、パントリーが広い場合には、パントリーのゴールデンゾーン(一番使いやすい場所)の上に収めます。
収めるものの重さが重い場合には下段を利用して、出し入れが危なくないようにしておきます

MEMO
キッチンに余裕があれば、クローゼットの衣替えのように、季節家電エリアをあらかじめ設けておいて、季節ごとに入れ替えをしてもいいかもしれませんね!

わが家サイズに買い換える勇気を持とう!

いろいろな鉄板が付属されていて便利なホットプレート。
サイズも大きく、重たいため、「だんだん使用頻度が低くなってしまった!」という話もよく聞きます。

そんな時には、使用頻度が高い物と低い物を別場所で管理することもひとつ。
よく使うプレートだけをセットして、使いやすい場所にコンパクトに収納します。

もしかしたら、ご家庭によっては、ホットプレートは大きいため、出し入れしづらい場所にしか収納できないということもあるかもしれません。
そのために使いづらい場所に置かざるを得なくて、だんだん使うのも面倒に・・・
そんな場合には、わが家サイズに買い換える勇気も必要かもしれませんね!

最近では、卓上に置けるコンパクトサイズのホットプレートも販売されていて人気です。

家電を購入する際には、「わが家サイズ」を意識することも、すっきりキッチンをつくるために大事なことです。

さいごに

キッチン(調理)家電は便利で暮らしを豊かにしてくれる物ばかり。
ですが、たくさん持つことで魅力を半減してしまうこともあるので要注意!!
使いたい物がさっと手に取れる、年に数回のものはちょっと頑張ったら出し入れもできる場所に。

使えなくちゃ、持っていても宝の持ち腐れですからね。
定位置をうまくつくって、どんどん利用できるようにしてくださいね♪