【注目の収納テーマ】子どもと収納

秋を素敵に演出!春以外にも使える「ピンクのうつわ」のテーブルコーディネートとコツ

ピンクのお皿と秋のテーブル

暑い季節も過ぎ去り、おいしい食材や料理がたくさん登場する秋。「食欲の秋」という言葉もあるくらい、さまざまな秋の食材・料理を食べることが、とても楽しい季節でもありますね。

そんな「秋」を楽しむテーブルを作る際におすすめしたいのが『ピンクの器(うつわ)』。ピンクのうつわは春のイメージがありますが、実は秋のテーブルにもぴったりなんです!

今回は、秋のテーブルでピンクのうつわを使用する際に抑えるべきいくつかのポイントを、ホームパーティー検定を所持する筆者がご紹介したいと思います。

秋にもおすすめのピンクのうつわ。テーブルコーディネート初心者さん必見です!

ピンクのうつわは秋にもおすすめ!

ピンクのうつわ
ピンクのうつわというと、その明るく優しい色合いから、春のイメージが強いかと思います。でも実は、温かみのあるピンクのうつわは、秋の食材や料理とも相性がよく、合わせる料理やテーブルクロスを工夫すれば、秋のテーブルにもぴったり。

普段はモノトーンなどを選びがちな方も、この機会にちょっと食卓に季節感を持たせ、華やかな雰囲気になるピンクのうつわを取り入れてみませんか?

「テーブルコーディネートって難しそう」と思われている方も大丈夫。ちょっとしたポイントを抑えれば失敗なく秋のテーブルを演出できます。

それではさっそく、”どんな料理やテーブルクロス、小物類があると秋らしくなるのか”をご紹介していきましょう♪

まずはお料理や食材についてのポイントです。

ピンクの器は「秋の食材」と相性バッチリ♪

白身魚のソテーきのこソースがけ
温かみがある色合いのピンクの器(うつわ)は、秋の食材との相性もバッチリ。特にきのこ類やかぼちゃ・さつまいも・さんまなど、色の濃い食材、かぶや白身魚などの白い食材との相性がとても良いです。

「どんな料理と合わせよう?」と悩んだときには、色が濃い(はっきりとしている)、または白い食材を組み合わせることをおすすめします。

ピンクの器と相性の良い食材
きのこきのこ類
年中流通していますが、きのこは秋の食材の代名詞。秋らしい味覚を楽しみましょう。
野菜野菜
カボチャやサツマイモなど。カボチャは冬にかけて甘みが増します。ハロウィンなど秋のイベントにも欠かせない食材です。
魚
秋刀魚、秋鯖など。脂がのって美味しい季節です。
野菜白い食材
カブや白身の魚など。

続いては、ピンクの器を選ぶときのポイントを見ていきましょう。

使いやすい食器選びのコツ

ピンクのお皿と秋のテーブル
ピンクのうつわで洋風のテーブルコーディネートをする際には、主張しすぎない薄い色目のピンクのうつわをチョイスしてみましょう。控えめな印象ですが、ぐっと秋らしく大人っぽいテーブルに仕上げることができます。


色の濃いピンクのうつわを秋のテーブルで使用することも可能ですが、その場合はメインのお皿ではなく、小さめのうつわを取り入れてワンポイントとして1枚程度追加して使うと、失敗がないでしょう。

和風のテーブルは和皿・くすんだ色目をチョイス!

ピンクの和皿
和のテーブルでは和皿やくすんだ色目のピンクのうつわをチョイス。土モノのうつわであればなおベストです。

ピンクの和皿に明るめの色合いの木の箸や、透明感のあるグラスをプラスすれば、簡単に落ち着いた秋のテーブルを演出することができます。

また、ピンクの和皿には薄くて暗めのテーブルクロスがおすすめ。グレーやベージュなどを用いると、色合いの明るいピンクのうつわを使用しても、和の食材・料理にぴったりな、落ち着いた印象のテーブルを作り上げることができます。

ピンクのうつわのテーブルコーディネート例

ピンクのお皿と秋のテーブル
こちらが、ピンクのうつわを使用したテーブルコーディネートの1例です。秋の食材をふんだんに使用し、茶系チェックのテーブルクロスを使用しました。

洋風のテーブルを作る際、テーブルクロスは茶系や赤など、温かみのある暖色系の色合いや、濃い色合いのもの、柄は無地やチェックがおすすめです。薄い色を使用するのであれば、茶系やグレーをチョイスすると失敗がないでしょう。

アクセントとして、もみじや木の実など小物もプラス。小物類を少し加えることで、秋らしさをさらに演出することができます。小物類は少なすぎず多すぎず、といった量の調節に気をつけましょう。

また、秋のテーブルにはキャンドルもおすすめ。高さのあるものや大きめのキャンドルをプラスすると、さらに温かみがアップ。秋のテーブルを作る際のポイントとなります。

赤のうつわやテーブルクロスを差し色に

赤チェックテーブルクロス
ピンクと相性のよい「赤」は、差し色として使用すると、可愛らしい秋のテーブルに。テーブルクロスやうつわ、小物類などを取り入れる際にワンポイントとして使用したり、テーブルクロスに使用しても良いでしょう。

テーブルクロスを使用する際は、無地の真っ赤なテーブルクロスより、チェックがおすすめ。重くなりすぎず初心者さんにも取り入れやすいです。

ピンクのうつわを秋も活用しよう♪

かぼちゃのポタージュ
今回は、ピンクのうつわを使用した秋のテーブルコーディネートのポイントをいくつかご紹介しました。

ピンクのうつわは春にはもちろんぴったりなのですが、秋のテーブルでも食材や料理、飲み物を温かい色合いで秋らしく演出してくれます。

ポイントを抑えて、ぜひ秋のテーブルにも、ピンクのうつわを活用してみてくださいね!

こちらもおすすめ
テーブルコーデ例美味しく見える「白いお皿」のキレイな盛り付け方&テーブルコーデのコツ


編集部のおすすめ「ピンクの器」たち
ピンクのお皿1プレート 21cm
詳しく見る
ピンクのお皿2プレート 16cm
詳しく見る
ピンクの小鉢山中大椀 15cm
詳しく見る