【注目の収納テーマ】子どもと収納

必要なときにすぐ出せる!薬や救急セットの管理とおすすめ収納アイデア

あなたのご家庭では、薬の収納をどのようにしていますか?
子どもに処方されて余った薬がかさばっていたり、いつからあったか分からない薬をそのまま保管していませんか?

どこに何があるか分からず、「いざ必要!」という時にさっと取り出せなかったり、「使おうと思ったら使用期限が切れていた」…なんて事は避けたいですよね。
家族全員が使いやすく、何がどこにあるか分かりやすくするためには、どのように管理すれば良いのでしょう?

今回は、我が家の薬収納のアイデアやポイントをご紹介します。
手軽に使えるアイテムや、誰でも真似できる工夫が沢山ありますので、是非読んでみてくださいね。

薬関係の収納場所と3つのポイント

収納場所の決め方で大事なのは、家族全員が使いやすい場所かどうかですね(※乳幼児など小さなお子さんのいるご家庭での注意点については後ほど別途説明します)
我が家では、リビングにあるチェストの引き出しの一つを薬の収納場所にしています。
写真で言うと上から2段目の部分ですね。
無印のキャビネット
ちょっと中を開けてみましょう。
薬の詰め替え無し&引き出しの中は仕切りのみのオープンな収納なので、少しごちゃごちゃしているように見えるかもしれませんね。
でも、実は家族も自分も使いやすい工夫がしてあるのです。
引き出しの薬収納
それでは、収納のポイントを詳しく見ていきましょう。

【ポイント1】立ててオープンに入れる

中に入れるものは、なるべく立てています。
寝かせて入れるよりも収納力が増え、ざっと見渡せるので、必要なものをすぐに見つけることができます。

【便利グッズ】中身が見えるケース

透明や半透明のケースは、中が見えるので使いやすくオススメです。
A5サイズのケースは薬コーナー以外にも、通帳やカードを入れたり小物の分類に使っています。
左:無印良品EVAケース 右:100円ショップ(複数枚入っています)下:ダイソー

【便利グッズ】積み重ねボックス

引き出しの中は、大まかに分類をして、仕切り代わりにダイソーの積み重ねボックスに入れています
家庭の薬の分類収納
引き出しの中なので、仕分け用に使うボックスにはフタは必要ありません。このようにオープンに収納すれば、出し入れがしやすくなります。

【ポイント2】薬の名前をフタに書く

「あれでもない、これでもない」と、手に取っては戻す。
薬が必要な時はたいてい緊急時であることが多いので、必要なものを早急に見つけたいですね。
たいていの薬は、名前や使用期限、用途など必要な情報が側面に書かれています。
引き出しなどに入れる場合、どうしても側面の情報が見えないので、これを上からパッと見て把握できるようにすると便利ですよね。
薬のフタに名前を書く
なので、薬名をフタにマジックで書けば、迷わず手に取ることができます。消費期限や使う順番を書くこともあります。
薬の消費期限や順序を書く

【ポイント3】 使用頻度別に収納する

薬には、毎日使うものからめったに使わないもの、季節によって使うものなど、色々あります。
使用頻度に応じて、しまう場所を分けるのも大事なポイントです。

毎日飲む薬

たとえば我が家の場合、喘息持ちの長男は毎日薬を飲んでいます。
日常的に飲む必要のある薬は、先ほどのリビングのキャビネットではなく、キッチン脇にスタンバイ。

飲み忘れがないように、本当はそのまま目に付く場所に出しておきたいですが、さすがにちょっと生活感がでてしまいますよね。
セリアのフタが立つボックスに入れれば、真っ白なので出しっぱなしでも悪目立ちしません。

セリアの収納ボックス
朝と夜で飲む薬の種類が違うので、間違えないように付箋(ふせん)でメモを貼っています。

まとめて処方してもらうことも多いですが、全部入れてしまうと取り出しにくくなってしまいます。
なので、このセリアのボックスには、錠剤は取りやすいように1シートだけ入れています。

毎日飲む薬の「ストック」

毎日飲む薬のストックは、先ほどの薬の引き出しに収納しています。
処方薬のストックを収納
処方されたらすぐに、薬の名前をマジックで大きく書きます。
印刷されてはいますが、小さくてぱっと見ではわかりづらいからです。
薬の効用を書くこともあります。
マジックで書くだけですが、ストレスなく速やかに見つけることができます。
マジックで処方薬の効能を書く

「これ誰の?」を防ぐ処方薬の管理アイデア

長男の喘息の薬以外に、他にも薬を処方されることももちろんあります。
飲む人が違う薬を一緒に管理するとややこしいですよね。飲み間違うなんてことが起きないようにも気をつけたいものです。

――なので、個人別に100円ショップのジッパーバックに入れています。

我が家は家族の個人カラーが決まっているので、その色のジッパーにそれぞれ入れています
家族の個人カラーで仕分け
例えば、次男のカラーは青。
下記の2つの袋に分けて管理しています。

  1. 予備薬を入れた袋
  2. 母子手帳と前のお薬手帳を入れた袋
母子手帳の保管
長男のカラーは黄色です。こうやって個人で色分けすれば、後で追加する薬があっても、間違えて入れてしまうこともありません。
兄弟で色分け収納
夫の飲み薬や、よく使う湿布などもグループ化しています。
家族の薬をグループ管理

薬の収納・保管で気をつけたいこと

薬には消費期限があり、市販の薬には記載されています。
処方の薬は3~5年だそうです。(シロップや粉薬はもっと短いです)

処方された薬は余ると念のため取っておきがちですが、時間が経ったものを使用する際は自己判断せずに医師に確認するようにしてください。

いつでも準備OK!「病院に必要なもの」をまとめて保管

病院に行く直前に「保険証どこだっけ?」「お薬手帳が見つからない」と探し回ったり、持って行くのを忘れたりというのは、なるべく避けたいですよね。
普段から場所を決めてまとめて管理しておけば、必要なときにさっと用意ができます。

病院セットの収納は無印のEVAケースがおすすめ

病院用に必要なアイテムの収納には、出来ればそのままカバンに入れて持っていけるものにまとめておくと、とってもラクです。
私の場合は、中身を把握しやすい無印良品のEVAケースを使っています。

入れているもの
  • 保険証
  • 医療証
  • お薬手帳
  • 診察券

これだけ持って行けば必要最低限かつ、忘れ物もありません。
兄弟の色分けには、小さな〇シール(丸型のカラーラベル)を貼っています。
兄弟で色分けすると分かりやすい

いざというとき慌てないために

薬を入れている引き出しには、「救急車はどんな時に呼ぶのか」「怪我ややけどをした時の対処方法」が書かれたプリント(学校配布)も一緒に保管しています。
消毒はしない、すり傷はかさぶたを作らずに治す、など今と昔では大きく変化していますね。
いざというときに役立つプリントを収納

ワンアクションですぐ使える!医療用品の収納アイデア

薬以外の医療用品の中でも、特に使用頻度の高いアイテムは、必要なときにサッと取り出せる工夫をしておきたいですね。

絆創膏や綿棒を見やすく収納

例えば絆創膏と綿棒は、ダイソーの「シガレットケース」に入れています。
立てているので見やすく、ワンアクションで取ることができるので子供にどこにあるのか聞かれることもありません。
100均収納綿棒・絆創膏
一度はフタをしてみたのですが、やはり開け閉めが面倒でやめました。

箱のフタを切ってしまう

箱入りの薬などの場合、フタがパカパカして邪魔な時ありませんか?これを切り取ってしまうこともあります。
すぐに取り出せるし、ぱっと見て残りの数も分かるので、買い過ぎや在庫切れを防ぐことができます。
薬の箱は開けやすいように工夫する
切り取ったフタにしか消費期限などが書いていない場合は、一緒に箱に入れておきましょう。

お出かけにも便利なマスクの収納

引き出し内の同じボックスに、ポケットティッシュとマスクもいれています。
マスクは箱買いをして、すぐ使いたい分だけを無印良品のEVAケースに移します。
無印のEVAケースにマスクを収納
また、花粉や風邪の季節には、忘れずにお出かけに持って行けるように、セリアのボックスに入れて玄関にも置いています。
セリアのボックス。マスクの収納

虫よけや日焼け止めも玄関に

虫よけと日焼け止めは、出かける際に使うことが多いので、玄関に収納しています。
虫除けスプレーや日焼け止め収納
以前に下記の記事でもご紹介しましたね。
我が家の玄関収納術
我が家の玄関収納術&靴箱の中身を大公開!スッキリ片付くアイデアとおすすめグッズ 全部「薬のコーナーに置く」と考えがちかもしれませんが、こういう使うシーンが限定されているものは、使う場所に収納すると便利です。

気をつけたい「子どもの薬物誤飲」

小さなお子さんのいる家庭で心配なのが「誤飲」です。
特に家庭用医薬品の誤飲事故はとても多いので、管理の仕方には充分気をつけたいですね。
使いやすさや取り出しやすさ重視の我が家の薬収納ですが、子どもたちが小さいころは誤飲の心配があったので、薬の引き出しを開けられないように、ストッパーをつけていました。


多目的ストッパー
ストッパーについて
引き出しや扉などをロックできる多目的ストッパーです。いたずらや、思いがけない事故、ケガなどを防ぎます。

今は誤飲の心配が無くなり絆創膏などは自分で出して欲しいので、子どもたちでも使いやすい高さの引き出しに入れています。
幼児の誤飲は非常に危険なので、手の届かないところに置いたり、手が届いてしまう場所の場合はストッパーをつけるという工夫が必要ですね。

おわりに ―家族の安心・安全のために―

いかがでしたか?

立てる&オープン収納は見た目はちょっと賑やかになりますが、すぐに必要なものを見つけられるし、ワンアクションで取れるのでおすすめです。
白い入れ物などに詰め替えるのは統一感や清潔感がありますが、薬には用途や成分など見逃せない記載があるので詰め替えない方が安心ですね。

また、最後にもう一つ大事なポイントとして、収納スペースには少しゆとりを持たせています。

マスクを箱で買ったり、ストックや飲み薬が増えた時に対応できるようにです。

スペースの余裕は心の余裕(笑)

家族の安心安全のために、家族皆が使いやすい薬コーナーを作りましょう。
ご紹介したアイデアで、もし部分的にでも参考になることがあれば、ぜひ試してみてくださいね。
 
 

こちらもおすすめ
クリアケースは無印が優秀!キッチンや洗面所などで使える小物収納アイデア もっと暮らしをラクにするために!整理収納ラベルの役目と活用法を一挙公開