【注目の収納テーマ】子どもと収納

冬の鍋をもっと楽しく!鍋パーティにもおすすめのアイテムの選び方&盛り上げるコツ

鍋パーティー

おいしい鍋を堪能できる季節がやってきました。寄せ鍋やしゃぶしゃぶ、すき焼き、豆乳鍋やキムチ鍋と、どれを食べるか迷ってしまいますよね♪

家族でわいわいと鍋を囲むのもとても楽しいですが、せっかくなのでお友達や仕事仲間を招待して鍋パーティーをするのもおすすめです!

そこで今回は、普段の鍋料理はもちろん、鍋パーティにも使えるアイテムや、鍋パーティーを盛り上げるコツなどをご紹介します。

この冬、鍋パーティーを予定している方はぜひチェックしてみてください。

鍋のサイズは大丈夫?人数別のおすすめサイズ

鍋のサイズ
鍋料理を何人でいただくかで、使用する鍋の大きさは違ってきます。
土鍋を使用する場合ですが、土鍋は大きさを「号数」で表しているので、それを目安にすると、人数によって使用する鍋のチョイスが簡単になります。

鍋のサイズの選び方

例えば、7号(22cm程度)なら2〜3人分と、少人数の使用に適していますし、3〜4人分なら8号(25cm程度)、4〜5人分で9号(28cm程度)、さらに大きめの10号(30cm程度)の大きさがあれば、5〜6人での使用が可能です。

鍋のサイズ(号数) 直径 人数の目安
7号 22cm程度 2~3人分
8号 25cm程度 3~4人分
9号 28cm程度 4~5人分

また、土鍋以外の鍋を使用する場合も、土鍋の号数ごとの直径を目安に鍋をチョイスすれば、失敗がないでしょう。

土鍋だけじゃない!鍋パーティーに使える鍋の種類

鍋の種類
お鍋といえば「土鍋」のイメージが強いと思いますが、土鍋以外にも鍋パーティーを楽しむことのできる「鍋」がたくさん発売されています。

ここからは土鍋を含む、鍋パーティーにぴったりの鍋の種類をご紹介します。

お好みの合わせてチョイスしてみてくださいね!

お鍋の定番!保温効果の高い「土鍋」

お鍋と聞いて真っ先にイメージするのが、鍋料理の定番 土鍋保温効果が高いので、火から下ろしても冷めづらく、じっくりと素材に火が通るのでうまみを逃さずとてもおいしく仕上がります。

また数は少ないですが、IHで使用できる土鍋も発売されています。IHで土鍋を使用したい、という方はぜひ選択肢に入れてみてください。

洋風の煮込み料理にもおすすめ!「ホーロー鍋」

洋風のイメージの強いホーロー鍋もお鍋に最適!こちらも保温性が高く、IH使用できるものも多いので、熱源を選ばずに鍋料理を楽しめます。

焦げにくく、においも付きづらいので、使用後さっと洗えばキレイになり、お片付けも簡単です。

錆びにくくて丈夫な「ステンレス鍋」

ステンレス鍋もホーロー鍋同様、ガスだけでなくIH使用できるものがたくさん販売されています。

ステンレスの強みは、なんといっても丈夫で錆びにくいこと。保温性も高いため、鍋料理にぴったりです。

軽くて扱いやすい「アルミの鍋」

軽くて扱いやすいのがアルミの鍋。熱伝導がよく、短時間の調理に最適。鍋料理だけでなく、日常使いでも大活躍します!

これがあると安心!準備しておきたい必須アイテム

とんすい
鍋パーティーの際、いくつあっても困らないのがとんすい取り皿。たくさん用意しておけば、急に人数が増えてもOK!

特にとんすいは突出した持ち手部分があることで、熱々の鍋の具材を入れても持ちやすく、安定して使えるため、いくつか揃えておくと大変重宝します。

鍋パーティーに!あると便利なキッチン雑貨

鍋
ここからは、鍋料理を普段ご自宅でする際や、鍋パーティーの際、「あると便利なもの」「欠かせないもの」をご紹介します。

パーティーを開催してから「なにかが足りない!」とならないために、ぜひ以下のアイテムをチェックしてみてください。

カセットコンロ、IHクッキングヒーター

カセットコンロ
熱々の鍋をいただくのに欠かせないのが、カセットコンロやテーブルに置けるタイプのIHクッキングヒーター。

テーブルで調理をしながら、ゆっくり熱々の状態でいただくことができるため、1つあるととても便利です。

また、最近人気のおしゃれなホットプレートの中には、上に乗せて使用できるタイプの別売りの鍋なども販売されており、こちらもテーブル調理にはおすすめです。

ザル、ホーローバットなど

ザル、ホーローバット
大き目のザルやホーローバットがあれば、カットした鍋の具材の一時置きとして使えて、大変便利です。

テーブルに具材を置いておけば、いちいちキッチンに立つ必要がない上、手の空いている人が調理をすることもできて効率的!

また、こういったアイテムに少しこだわり、ちょっとおしゃれなデザインのもので揃えておくことで、パーティーでの会話も一段と盛り上がりますよ♩

鍋つかみ(ミトン)

鍋つかみ
鍋つかみやミトンは、熱々の鍋を作る際には必須!

加熱後の鍋のフタを外す時だけでなく、途中までキッチンで調理してテーブルに運ぶ際にもとても役立ちます。

さらに、鍋つかみを使用する鍋や食器と色合いを揃えるのもおすすめ。テーブルの上に置いてもうるさくなりすぎず、おしゃれで統一感のあるテーブルに演出することができますよ!

鍋敷き

鍋敷き
キッチンで調理した鍋をテーブルでいただく際に重宝するのが、鍋敷き。

ご自宅にさまざまなタイプ・色柄の鍋敷きをいくつか用意しておけば、その日の気分やテーブルコーディネートに合わせてチョイスすることが可能。

我が家にもその時々で使えるよう、数種類の鍋敷きを常備しています。

お玉、穴あきお玉、菜箸

お玉・穴あきお玉
お玉や穴あきお玉、菜箸は、鍋の具材を取り分ける際に必要になってきます。

最近では、おしゃれな土鍋に合わせて木製の上品なお玉を揃えている方も多く見受けられます。その日の鍋やテーブルコーディネートに合わせて用意ができるよう、いくつか準備しておくと良いでしょう。

また、菜箸もデザインや長さの違うものをいくつか用意しておくと、具材や用途で使い分けができ、とても重宝します。

お玉置き、お玉立て

お玉置き
お玉を鍋に入れっぱなしにするのが気になる方、また鍋をする際お玉の置き場所に困っている方におすすめなのが「お玉置き(お玉立て)」です。

狭いテーブルの上で場所を取らず、すぐに使える位置にスタンバイさせることができるので、とっても便利!

特にワンポイントある可愛らしいデザインのものは、テーブルにひとつあるとほっこりとして、パーティーでの話題作りにもひと役買ってくれます。

薬味皿、小皿

薬味皿・小皿
あると意外と便利!なのが、薬味皿や小皿。ネギやごまなど薬味をいれておいておけば、気兼ねなく個々にお好みのものを使用できます。

またいくつか用意しておくことで、さまざまな場面で便利に使うことができますよ!

グラス

グラス
グラスはパーティーの必須アイテム!アルコールやソフトドリンク用に、いくつか用意しておくと、飲み物を変える際もとてもスムーズ。

特に人数が多いときは、割れにくい素材のものを多数準備しておくのがおすすめ。お客様も気軽に扱え、後片付けも簡単です。

鍋パーティーを盛り上げるヒント

テーブルコーディネート
鍋パーティーを盛り上げるには、いくつかのコツがあります。その中でも特に取り入れやすいのは、提供する鍋やドリンク、テーブルコーディネートにちょっとしたアレンジを加えること。

以下に、鍋パーティーを盛り上げるためのヒントとなるポイントを少しご紹介します。ぜひ参考になさってみてください。

ドリンクにひと工夫

フルーツゼリードリンク
鍋料理と一緒に提供する、サイドメニューやドリンク。ちょっとひと手間加えることで、パーティーがさらに盛り上がること間違いなし!

例えば、ドリンクは買ってきてそのまま提供するのではなく、ほんの少しだけアレンジ。

グラスにフルーツやゼリーを入れてからシャンパンやサイダーを注げば、見た目も華やかなフルーツドリンクやゼリードリンクがとっても簡単に完成します。
オシャレで簡単!ホームパーティーにぴったりの手作りノンアルコールドリンク5選

サイドメニューの考え方

サイドメニューは熱々の鍋に合わせ、ちょっとひんやりとしたものを。

生野菜のスティックやサラダに、お手製のディップやちょっと変わったドレッシング数種類用意すれば、テーブルの上も色鮮やかになり、ワイワイと楽しくいただくことができます♪

こちらもおすすめ
万能だれ簡単でおいしい!手作り万能ダレ・ソースのレシピとおすすめの料理アイデア

テーブルコーディネートのポイントとは

鍋パーティー
鍋パーティーの際のテーブルコーディネート。ポイントはまず最初に、パーティーのテーマやメインカラーを決めること。使用する鍋やコンロの色をメインカラーすると、意外と簡単にコーディネートできちゃいます!

メインカラーに差し色を1〜2つプラスし、季節の小物やキャンドルなどをプラスすると、無理なくうるさすぎない、落ち着いたテーブルを作り上げることができます。

またワインのボトルやグラスなど、ちょっと背の高いものをプラスすると、テーブルの上に簡単に変化を出せるのでおすすめです。

お気に入りグッズで鍋パーティーを楽しもう!

鍋料理
いかがでしたでしょうか。
今回は鍋パーティーで使えるアイテムや鍋パーティーを盛り上げるコツなどをご紹介しました。

これからどんどん寒くなってくると、温かい鍋が恋しくなり、家族やお友達をご自宅に招待して鍋パーティーをする機会も増えると思います。

今回の記事を参考に、ぜひ家族やお友達と、暖かい家の中でおいしくて楽しい鍋パーティーを開催してみてくださいね!

 

こちらもおすすめ
ピンクのお皿と秋のテーブル秋を素敵に演出!春以外にも使える「ピンクのうつわ」のテーブルコーディネートとコツ