【注目の収納テーマ】子どもと収納

押し入れがなくても大丈夫!クローゼットでも出来る布団収納&おすすめアイテム

押入れがないご家庭だと、何かとかさばりやすい布団の置き場所に困りがちですよね。

ご家庭の寝室が洋室で、普段はベッド。毎日布団をしまう必要はないと言う方でも、ご家族分のシーズンオフの布団はしまいたいはず…。

また、来客用の布団セットをお持ちの方もいらっしゃいますよね。

使わないときの布団の収納場所の決め方「クローゼットにおさまらない」という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、押入れのような布団を積み上げて収納できるスペースがないおうちでも、すっきりと布団を収納できる方法を考えてみます!

和室がない!?最近の住宅事情

週末の新聞によく入っているような住宅メーカーの間取り図入りのチラシを見るのが、子どもの頃から今も変わらず大好きです。

「このテイストの家だったら、こんな家具を置きたいな~」
「この部屋はこんな風に使いたいな~」
など、自分が暮らしている様子を想像してみたり。

「きっとこの家に住むのはこんなご家族かな~」
この家を選ぶ方がどんな方なのかを想像しながら、間取り・動線を検証してみたり。
・・・これは、職業病でしょうか(笑)

間取り図を見ていて、頻繁に感じることは「この家、和室がない!」と言うこと。

最近では、寝室にベッドを入れる方が多くなりました。
インテリアは和風よりもホテルライクなモダンインテリアや、カフェテイストのナチュラルやカジュアルなものが人気です。
畳のメンテナンスは手間がかかるというイメージがあったり。

マンションなど、スペース的に限られている場合も多いですし、最近は大きなLDKで家族が思い思いに過ごせるような間取りが人気。
など、様々な影響を受けた結果、和室を持つ家が減少してきているようですね。

そして、和室のない家に共通して言えることは押入れ収納がないんです。

・・・そこで、問題発生「お布団収納はどうしよう!!!」

押入れ以外の「布団収納」場所は、どこが正解?

なんといっても押入れ収納は、お布団をしまう場所としては最高に適したスペースですよね。
押入れ収納

では、もし押入れがなかったらどうしましょう?
お布団の収納場所は、どこにすればいいのでしょう。

私の仕事柄、実際に片づけにお悩みを抱えてらっしゃる方とお話をする機会も多いのですが、お布団収納に悩んでいる方は、みなさんご自宅に押入れ収納がありません。

そんな時、まずはクローゼット収納の状況を確認します。
お布団を使う寝室に一番近い収納スペースはクローゼット。
ここに寝具一式収められたら、布団を出し入れするのも楽ちんですからね!

収納場所は「使うところにしまう」が基本!

私の場合、「これ、どこにしまおうかな」と考える時には、必ず「どこで使うか」を思い出すようにしています。
お布団の収納についても同じです。

今、どこにしまおう!どんな風にしまおう!って思っているお布団はどういう用途のものですか?

なぜ、こんな質問をするかと言うと、お布団とひとことで言っても「誰が使う物なのか」、「どれくらいの頻度で使うのか」によって、しまう場所の正解が違うからです。

たとえば・・・家族が使う、シーズンオフの”夏用肌掛け布団””真冬にだけ使う毛布”でしょうか?
それとも、子どもたちのイベントごとに泊まりがけで遊びに来てくれるご両親や、突然のお客様にも対応できる客用布団でしょうか?
もしくは、実はもう使っていないベビーベッド布団かもしれません。

はじめにもお伝えしたように、家族が使うシーズンオフの布団ならば、寝室のクローゼットに収めるのが一番シンプルです。
主寝室には「夫婦分の布団」、子ども部屋のクローゼットには「子ども用の布団」を保管することをおすすめします。

クローゼットに入らない?布団収納スペースを確保するには

「布団をクローゼットにしまいたい」・・・でも、クローゼットがパンパン。

どうしても収納するスペースが確保できない場合もありますよね。
ご家庭ごとに所有している物の量や、収納スペースの広さや間取り的な問題等、様々な条件が組み合わさっているので、そんなケースがあっても当然です!

クローゼットの中身がいっぱいで、「お布団収納なんてムリ!」と言う場合、選択肢は2つです。
あなたならどちらを選びますか?

  1. 別場所に布団収納できるスペースを確保する
  2. クローゼットに入るように調整する
 
「あたりまえ」とも思える選択肢ではあるのですが、手段は様々。
いろんな方法・対処の仕方があるので、ちょっと詳しくご説明しますね!

クローゼットに同じだけのものがある方だったとしても、ご家族ごとのライフスタイルや価値観が違えば、きっと解決策が違うはず!

寝室とは別場所に「布団収納スペース」を確保

クローゼット以外の場所に季節家電をまとめて収納・保管しているような広めの納戸スペースがある場合には、季節外のお布団も「ある一定の季節にのみ使う物」のひとつとして、まとめて同じ場所に管理するのがよいですね。

ですが、そもそも収納スペースが足りない場合には、クリーニング店の布団預かりサービスを利用するのもひとつの方法としておすすめします。
地元のクリーニング店のサービスメニューを確認してみるのもいいかもしれませんね!

また、”布団預かりサービス”とWEB検索してみると、多くのお布団預かりサービスがヒットします。
クリーニング後に最大6ヶ月間、湿度管理のされた室内で保管をしてくれるのですが、地域のクリーニング店との違いは受け渡し・受け取り方法が宅配であること。

かさばるお布団をクリーニング店に運ぶ手間が省けて楽なところもおすすめですよ。

クローゼットに入るように調整する方法

収納場所の調整の仕方は2通り。
スペースを捻出するか、スペースに合わせて量を調整するか。

クローゼットに管理している様々な物をいったん見直して、別の場所に移動できるものは移動することで、お布団を置く場所を捻出します。
また、その際には「収めやすい収納用品の利用」も必須です!

わが家では、クローゼットの上棚に季節外の布団を保管していますが、他にも置いておきたい物もあるので、布団収納だけに多くの場所をとれません。
そこで、お布団をコンパクトにまとめることのできる収納用品を利用して、わずかなスペースを有効活用するようにしています。

クローゼット上棚の布団収納

こちらの収納用品は、奥行きの浅いクローゼットの上棚にも収まりがよく、出し入れもしやすいので愛用中!

ふわふわの羽毛布団が、32cm角のキューブサイズという、驚きのコンパクトサイズに収まる優れものなんです。
はじめて使った時には「えー絶対入らない!!」と思ったほど(笑)

キューブ型ふとん収納袋の使い方

手順1
きれいな状態の布団を三つ折りにする
まずは、布団乾燥機と天日干しでしっかり乾燥して、掃除機で汚れを吸い取ったお布団をぎゅぎゅっと三つ折りにして、ケースにはめ込みます。
布団収納手順1
手順2
さらに三つ折りにする
またまた三つ折りに
布団収納手順2
ぎゅぎゅっと潰しながらなんとか3つ折りになりました。
手順3
ベルトを締める
付属のベルトを締めるのですが、これまたぎゅぎゅっと!
布団収納手順3
手順4
ベルトを留める
カチッとベルトを留めます。
布団収納手順4
手順5
両端のベルトを留め、ファスナーを閉める
さらに、両端のベルトも留めます!あとはファスナーを閉めれば、驚異のコンパクトサイズ。
32cm角にまとまります。
布団収納手順5

布団圧縮袋は押入れ収納向き

かさばる布団をコンパクトにするためには圧縮袋も効果的ですが、収めたい場所に合うサイズでなければ結局すっきり収まらないので、注意が必要です。
布団圧縮袋を利用するのに適しているのは押し入れのような奥行のたっぷりある収納の場合。

もちろん、収めたい場所に入るだけの量に調整することでも当然省スペースが図れますよね。

暮らしにあうサイズ選び

わが家の場合には、真冬に利用する毛布はかさばるため、マイクロフリース素材の薄手で大判のブランケットに買い替えました。
単純に物量を減らすことももちろん効果はありますが、必要な物を必要な量だけ持てるように、「物のサイズをコンパクトにする」ことも、方法としてはアリだと思います!

マイクロフリース素材の毛布

ちなみに、薄手で軽く、自宅での洗濯も気軽にできてケアも楽になりました。

よい物を大事に長く使っていくことも、とても大事なことです。
ですが、時には今の暮らしに合わせて持ち物をアップデートしてみませんか?

お客様用の布団なら、立てて収納がおすすめ

わが家ではお客様用のお布団は、来客時にお布団を敷く部屋のクローゼットに、立てて収納しています。
小さなクローゼットですが、ぴったり2客の布団セットが入ります。
立てる布団収納

奥行きが70㎝程のクローゼットは、およそ200㎝の敷布団を3つ折りして立てて収納。

クローゼット布団収納

立てた敷布団の上に突っ張り棚を取り付け、その上に掛け布団と枕。
上棚に季節ごとの敷パッドをまとめて入れた状態です。

来客時、必要な寝具が全部ここにまとまっていれば、突然の来客にも焦りません。

色々な種類がいっぱい「布団収納用品の選び方」

押し入れのないわが家でも、収納用品のおかげで すっきり布団収納ができています!
とはいえ、最初からうまくいったわけではありませんでした。

【事例1】
こちらは、もともと入っていた布団収納袋を利用し、積みかさねて収納しています。
サイズ感もよく、一見きれいに収まっているのですが上に載っている袋は、椅子などの足場を使わないと上げ下ろしができません。

そこで、重ねず横並びに置ける布団収納袋にチェンジ!

クローゼット収納ふとん

上棚にケースを直接置くことにより、椅子など足場を使わなくても、必要なケースだけを楽に引っ張り下ろせるようになりました。

【事例2】
購入時のケースが劣化で破れてしまいました。クローゼットに入るたびに、視界に入ってテンションがやや下がりしてしまいます。

そこで、見た目も機能性もばっちりな収納袋にチェンジ!

クローゼット収納布団

黒のケースには、掛け布団が入っています。
夏の肌掛け布団なら2枚は余裕で入るし、季節外のベッドパッドや、タオルケットもまとめて収めることができます。
黒地にゴールドのファスナーがおしゃれです。男子の部屋にもおすすめ!

収納用品を選ぶときのポイント

収納用品を選ぶときには、収納袋に片づけるのを後回しにしないかどうかもよく考えてくださいね。
私の場合は・・・圧縮袋にかける「ひと手間」が面倒で、どんどん後回しになってしまいました。
今は、ケースに詰めるだけで収納が完結するものを選ぶことで、布団収納をめんどくさくならないようにしています。

さいごに

どんな素敵な収納用品を使っても、どんなに収納用品を買いそろえても、片づくわけではありません。

収納用品は使ってなんぼ。
自分に合った収納用品を利用して、布団も気持ちもスッキリしましょ!