MTWアキの記事一覧

これができれば料理の幅がグンと広がる!魚の三枚おろし

「魚をさばく」「自分でおろす」──というと、「難しそう」「プロにしかできないこと」と、つい敬遠してしまう方は少なくないはず。私もそうでした。でも、いざやってみると魚をおろすのって決して難しいことではありません。実は誰にでもできるんですよ。 自宅で魚をおろせれば料理の幅がグンと広がります。今回は魚のさばき方の中でもっとも...

煮て干すから煮干し!上手な出汁の取り方と活用&保存方法

日本の伝統文化「出汁」。 出汁をとるものとして代表的なのは、かつお節と昆布ですよね。そして、もう一つ忘れてはいけないのが「煮干し」。 かつお節や昆布とはまた違った風味とうま味がある煮干し出汁の上手な取り方を、今回はわかりやすく解説しますよ! そもそも煮干しの原料ってなに? 一口に“煮干し”といっても、いろいろな種類があ...

意外と個性豊かで奥が深い!昆布の種類と出汁の上手な取り方

かつお節と並び、日本が誇る出汁といえば「昆布」。 実は昆布にもさまざまな種類があり、それぞれに味や香りが違うなどの個性があることをご存知ですか? 出汁を知ることがお料理上手と健康への近道であるなら、昆布についても知っておきたいですよね。 今回は昆布のアレコレについて、料理や健康に役立つ豆知識をみなさんにお届けします! ...

無添加でいこう!子どもと楽しむ「簡単に作れる自家製マヨネーズづくり」

みなさん、マヨネーズは好きですか? サラダにディップにトーストに……。用途が幅広くおいしいマヨネーズを常備しているご家庭がほとんどではないでしょうか。 マヨネーズは、食用油と食用酢、卵から作られるとてもシンプルな調味料。でも、市販のものには添加物が含まれていたり、遺伝子組み換えの可能性がある大豆やなたね、コーン由来の油...

やみつき必至!かつお出汁の正しい取り方&鰹節のホントのおいしさとは?

みなさんご存知の「鰹節(かつおぶし)」。でも、かつお出汁の正しい取り方を知っている人はどれだけいらっしゃるでしょう? 最近ではお手軽な顆粒の出汁調味料を使ったレシピを当たり前のように見るようになりました。本当の鰹節でとった出汁にはすっきりと上品な旨みと風味があるだけでなく、実は栄養もたっぷりなんですよ。 先人達が長い時...

徹底的なメンテナンスで錆びた包丁が復活!~せっかくなら鏡面仕上げに~

サビてボロボロになった包丁を蘇らせるシリーズ、最終回となる今回は、包丁を鏡面に仕上げていきます。最初は見るに耐えなかった三徳包丁ですが、サビ落としと欠けの修繕を行い、ずいぶんと様変わりしてきました。   前回までの記事もぜひご覧ください。 同じシリーズの記事はこちら  実践! 錆びた包丁を蘇らせよう! 刃こぼ...

スモークウッドの使い方と自家製ベーコンの燻製方法

自家製ベーコンをつくるために、これまでピックル液をつくり、乾燥させるために干し、いよいよ燻製というところまできました。 これまでの作業工程については、「おうちで自家製ベーコンをつくろう」のそれぞれの記事をご覧くださいね。   さて、今回はいよいよ自家製ベーコンづくりのクライマックス、燻煙にかけますよ! 燻製に...

家庭用包丁の研ぎ方とメンテナンス~刃こぼれした包丁も修復できる?~

サビてボロボロになってしまった包丁を蘇らせるシリーズということで、前回の記事に引き続きサビた包丁を蘇らせていきます。   前回は、包丁のサビを落とす様子をご紹介しました。 実践! 錆びた包丁を蘇らせよう! 今回は「包丁の欠けを修繕する」ということで、三徳包丁のアゴ部分の刃欠けを修繕していきます。今回も先生にご...

燻製前に干し肉を作ろう!知っておきたい安全な乾燥方法

これまで、自家製ベーコンづくりの基礎知識と、下準備となる肉の塩漬け方法を紹介してきました。肉が水分をたくさん含んだまま燻煙(くんえん)しても香りがよく移らないだけでなく、菌が繁殖してすぐに腐ってしまいます。ですから、燻煙にかける前に肉を干し、乾かす必要があるのです。   今回は燻製に向けた最後の下準備として、...

実践!おうちで出来る「包丁研ぎ」~錆びた包丁を蘇らせよう~

昨今のお料理ブームに伴い、調理器具にこだわる方が増えているといいます。包丁屋さんも、ここ近年は売上が上がっているとか。包丁研ぎの注文も増えているそうですよ。 さて、今回は「実践! 錆びた包丁を蘇らせよう!」をテーマに、包丁の「サビ」と「欠け」を自分で直し、最後は鏡面仕上げにして包丁を蘇らせる様子をご紹介します。 &nb...