リビングートマガジン 編集部の記事一覧

ハッカ油(薄荷油)

キーワード解説 ハッカ油とは、ミントの一種であるニホンハッカなど、シソ科ハッカ属の和種ハッカの茎や葉っぱを水蒸気で蒸留して得られる精油のことで、香料や薬用として用いられる。ニホンハッカはメントールが主成分でその含有量は70-80%以上あり、西洋薄荷と呼ばれるペーパーミントの約1.5倍ある。 【ハッカ油の主な効用】 ・リ...

ラバーウッド(Rubberwood)

キーワード解説 ラバーウッドとは別名、ゴムノキ(主にトウダイグサ科パラゴムノキ属パラゴムノキ。学名はHevea brasiliensisのこと)であり、天然ゴムの主要な原料となる樹液が採れる。かつて樹液の採取ができなくなった木は廃棄されていたが、加工技術の進化にともなって集成材として加工され、家具や床材など様々な用途に...

ダマスカス鋼

キーワード解説 ダマスカス鋼(Damascus steel)とは、本来は古代インドで製造されたウーツ鋼の別称であり、木目状の模様を特徴とする古代炭素鋼。シリアのダマスカスで刀剣などに鍛造されたことからダマスカス鋼と呼ばれるようになったとされる。しかし当時の製法は完全には再現不可能とされており、現在は多積層鋼を連打鍛造研...

平干し

キーワード解説 型崩れしやすいニットなどの衣類を洗濯した際に、板など平らな物の上に広げて干すこと。また、大きくてかさばる枕やぬいぐるみなど、通常の干し方(吊り干し)ができないものを干すときにも用いる。 JIS(L 0001)に見る平干し乾燥の定義 平干しが必要な衣類は、「洗濯表示」を見ればわかります。 平干しを表すマー...

光触媒とCT触媒の違いとは?

キーワード解説【触媒加工】 触媒とは、そのもの自身は変化しないが、化学反応を速く進めることができるものをいいます。造花やフェイクグリーンなどのコーティングにみられる触媒加工の主な種類は、日の光や電気の光を浴びることで抗菌・消臭効果をもたらす「光触媒」と、光がないところでも細菌や臭いに反応にして化学反応を起こし除菌・消臭...

行平鍋(雪平鍋)

キーワード解説 もとは土なべの一種で、蓋と持ち手がある厚手の陶器の鍋のこと。現在では一般的にアルミあるいはステンレス製のものが多く、注ぎ口と取っ手をついた片手鍋を指すことが多い。名前の由来は歌人「在原行平」を語源とする説や、雪のような打ち出しの模様から名が付いたなど諸説ある。 行平(雪平)鍋の特徴と主な用途 行平鍋は、...

デコ弁作りの時短アイデア&便利グッズ比較【顔むすび・デコおにぎり編】

なかなか作れないけど、可愛いデコ弁に憧れるという、そこのあなた! 「不器用だし・・・」「凝る時間がない!」「作り方が分からない」など、出来ない理由は何でもOK。お弁当づくりのお悩みを解決してくれるグッズが、世の中には色々あります。 お弁当作りのお悩みポイントは? 過去に行った社内アンケートで、「お弁当作りで、これまでに...

たたき(三和土)

キーワード解説 ①土間の工法の一つで、赤土や砂利に石灰とにがりをまぜて練ったもの(叩き土)を、たたき固めて仕上げたもの。3つの材料を混ぜて作ったことから、三和土という漢字を当てることもある。②玄関から土足で入ることができる、土やコンクリートなどで仕上げた土間の部分のこと。 三和土の種類 三和土はセメントがない時代に、土...

過炭酸ナトリウム

キーワード解説 過炭酸ソーダとも。一般的な市販の酸素系漂白剤の主成分で、塩素系漂白剤よりおだやか。炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)と過酸化水素が 2:3 の割合で混合された付加化合物で、弱アルカリ性で強力な酸化力があるため漂白剤以外にも、除菌剤、消臭剤としても使われる。 優秀なエコ洗剤 酸素系漂白剤は塩素系に見られるような...

仕上げ馬

キーワード解説 脚つき台にしんを張り、布で覆った細長い形状の仕上げ用アイロン用具の一種。最近ではアイロン台と一体型になっているタイプも多い。ジャケットやシャツ、ブラウスなどの肩・袖の仕上げに用いる。 平らなアイロン台との違い ハンカチなど平面的なものについては、通常の平らなアイロン台でもきれいにかけられますが、シャツや...