インテリア用語の基礎知識

Category

光触媒とCT触媒の違いとは?

キーワード解説【触媒加工】 触媒とは、そのもの自身は変化しないが、化学反応を速く進めることができるものをいいます。造花やフェイクグリーンなどのコーティングにみられる触媒加工の主な種類は、日の光や電気の光を浴びることで抗菌・消臭効果をもたらす「光触媒」と、光がないところでも細菌や臭いに反応にして化学反応を起こし除菌・消臭...

グラスハンガー

キーワード解説 ワイングラスなど脚のついたグラス類を、吊るして収納できる用品。「ワイングラスホルダー」と呼ばれることもある。 グラスハンガーの主な特徴 よくある構造としては、金属などの棒2本を平行に渡し、ワイングラスなど脚のついたグラス類を、脚の底部が引っかかるように、さかさに吊るして収納できるようになっています。バー...

フラワーベース

キーワード解説 花をいけるのに使われる器物の総称。花器、花瓶、花入れ、花生けともいう。なお本来、英語のVaseは一語だけで花瓶を意味する。 【花器の歴史】 花を飾るという風習は古くは『万葉集』などにも例がありますが、花器に対する記載はありません。花器が文献に初めて登場するのは『枕草子』で、「清涼殿の丑寅の隅の」(二三段...

カフェテーブル

キーワード解説 カフェテーブルとは、主に喫茶や軽食などに使われる小さな1?2人用のテーブルのことである。高さはダイニングテーブルと同程度で、中央に脚が1本だけのデザインのものが多い。 【カフェテーブルの主な特徴と用途】 1本脚のデザインが主流ですが、やや安定感に欠けるため、重石が付いていたり、鋳物やスチールなど重量感の...

コンソール・テーブル(console table)

キーワード解説 コンソール・テーブルとは、壁につけて置く、奥行きの浅い装飾用の小型テーブルのことで、サイドボードの原型と言われている。主に花瓶や彫像などのインテリアを飾る台として用いられる。 【コンソールテーブルの歴史】 もとは、壁に固定させて使用するものをいい、脚が1本や2本しかない自立しないもののみをコンソールと呼...

ブラインド(blind)

キーワード解説 窓や出入り口などに取り付ける調光・目隠しなどのための建具、おおいのこと。ブラインドにはいくつか種類があるが、もっとも一般的なのは羽板でできた「ベネチアンブラインド」。また、日本においては簾などもブラインドの一種と言える。 「ブラインド」の種類 【ベネチアンブラインド(Venetian blind)、ベネ...

シェーズ・ロング(chaise longue)

キーワード解説 フランス語で「長椅子」を意味する。休息用の寝椅子や安楽椅子、ソファの一種であり、背もたれに対して座面が非常に長く、脚や体全体も休ませることができるような形状のものを指す。 シェーズ・ロングの主な種類 【デュシェス・ブリゼ (duchesse bris?e)】 18世紀頃の貴婦人達に愛用されたもので、スツ...

トラッシュカン(trash can)

キーワード解説 (主に米国で使われる英語で)家やオフィスにある蓋のついたゴミ箱、あるいは公共の場のゴミ箱を表す。trashは紙くずやゴミ、ゴミ屑、がらくたなどの意味。canは金属、特にスチールやアルミ製の容器のことだが、「trash can」と呼ぶときは他の素材で出来たごみ箱にも用いられる。 【ゴミをあらわす英語表現】...

ガーデンオーナメント(garden ornament)

キーワード解説 主に庭園内に置く移動可能な工作物のこと。一般的には、彫刻や鉢など特に実用性はないが装飾を目的としたものを称する。 ガーデンファニチャーとの違い 同じく庭園内に置くものとして、ガーデンファニチャーと呼ばれるものがあります。これはテーブルやベンチなど庭園用に作られた家具を指します。木製、スチール製、ガラス製...

ブルックリンスタイル

キーワード解説 ブルックリンスタイルとは、ニューヨークにあるブルックリン地区の倉庫や古いアパートが立ち並ぶ街で、若手アーティストやデザイナーが生み出した、ヴィンテージ感と最新性をミックスしたインテリアコーディネートやライフスタイルのこと。 ブルックリン地区ってどんな街? スタイルの名前にもなっている「ブルックリン地区」...

ロッキングチェア(rocking chair)

キーワード解説 休息用のイスの一種。脚の下にゆるやかにカーブした台木がついていて、前後に揺り動かすことができるものをいう。「揺り椅子(いす)」ともいう。 ロッキングチェアの歴史 発祥地はアメリカのニューイングランド地方で、1760年代にアメリカ合衆国建国の父とも呼ばれる政治家であり物理学者でもあったベンジャミン・フラン...

プライウッド(合板)

キーワード解説 薄く切った単板(ベニヤ)を奇数層、繊維の方向が交差するように重ねて熱圧接着した合板のこと。無垢材に比べて反りや縮み、割れが少ないという特徴を持つ。英語表記はplywood。最近では主に「成型合板」のことを指すケースも多い。 【ベニヤ板との違い】 日本では、ベニヤ合板のことを俗にベニヤ板と呼ぶため意味を混...

ウォールナット材

キーワード解説 ウォールナットはクルミ科クルミ属の落葉広葉樹で、日本では「クルミ」と呼ばれている。オイルやバターなどに加工され、食用としてもなじみがある。一方で木材としては衝撃に強く、また加工性や接着性に優れているという特徴があるため、高級家具材料や工芸材として用いられる。 ウォールナット材の主な特徴 ・硬く粘りのある...

スツール

キーワード解説 背もたれや肘掛けの無い一人掛けの椅子、または腰掛け。椅子のなかでも最も古い形式に属すと言われている。英語での表記はStool。 スツールの歴史 現存する最古の椅子は、エジプト考古学博物館に収蔵されている第4王朝のスネフェル王の妃が使っていた椅子だと言われています。これは肘掛けや背もたれのある椅子ですが、...

オイルステイン

キーワード解説 オイルステインとは、木材用の塗料のこと。木材に浸透するので木目を活かし質感を損なわずに着色できる。 歯につくお茶やタバコの汚れを「ステイン汚れ」と言うことがありますが、ステイン(stain)とは汚れ、シミを意味します。木材にしみこむことで着色するのでオイルステインと呼ばれています。木目をきれいに引き出し...

ヘリンボーン

キーワード解説 Vの字を縦横に連続させた模様のこと。魚のニシンを開いたときの骨の形のようなことからヘリンボーン(herring-bone)と呼ばれる。ヘリングボーンということもある。 生地としてのヘリンボーン ヘリンボーンは秋冬のツイード生地の模様としてコートやジャケットに取り入れられています。ヘリンボーンの生地は斜文...