キッチン用語の基礎知識

Category

砥石(といし)

キーワード解説 砥石とは、石材や金属などを磨いたり、刃物をとぐための石。粒子の大小や硬さにより、荒砥(あらと)・中砥(なかと)・仕上げ砥(合わせ砥)などの区別があり、さらに刃物の研ぎ出しなどに使われる砥石としては、天然砥石と人造砥石がある。また、部品製造など金属加工などに用いる工作機械などに取り付ける円盤状の回転工具も...

SUS304(18-8ステンレス)

キーワード解説 SUS304とはクロム(Cr)18%、ニッケル(Ni)8%、残りが鉄(Fe)で構成されたオーステナイト系ステンレス鋼のことで、通常18-8と呼ばれる。炭素量が少なく耐食性、溶接性が良好であるため、高級ステンレス鋼として広く用いられている。なおSUS304のSUSとは、鋼(Steel)+用途(Use)+ス...

やかんの満水容量と適正容量の違いとは?

「『2.5L』って書かれたやかんを買ったのに、実際には1.8Lくらいしか沸かせなかった!」という経験はありませんか? この場合、実は「満水容量」が2.5Lのやかんで、「適正容量」が1.8Lだったのかもしれません。 笛吹きケトルの音が出なかったり、お湯が吹きこぼれたりという、知らないとトラブルの原因にもなりがちな「満水容...

お銚子と徳利は全く別物?それぞれのルーツの違いとは

お酒を入れる、お銚子(ちょうし)と徳利(とっくり)。 差しつ差されつを楽しめる日本酒にぴったりの酒器ですよね。現代ではどちらも同じような意味で使われがちですが、本来は全く別物だったという話はご存知でしょうか? 今回はそのルーツについて詳しく見ていきたいと思います。 お銚子一本=一合徳利一本の意味って本当? 徳利もお銚子...

セルクル

キーワード解説 セルクルとは、主にクッキーの型やケーキなど洋菓子の焼き型として使う型のうち、枠だけで底のないものを指す。デザート類だけでなく、他の菓子類や料理にも用いられることもある。 【セルクルの素材と主な用途】 セルクルとは、側面の枠だけで底のない焼き型のことです。主に円形のものが多いですが、四角やハート型などのも...

ダマスカス鋼

キーワード解説 ダマスカス鋼(Damascus steel)とは、本来は古代インドで製造されたウーツ鋼の別称であり、木目状の模様を特徴とする古代炭素鋼。シリアのダマスカスで刀剣などに鍛造されたことからダマスカス鋼と呼ばれるようになったとされる。しかし当時の製法は完全には再現不可能とされており、現在は多積層鋼を連打鍛造研...

行平鍋(雪平鍋)

キーワード解説 もとは土なべの一種で、蓋と持ち手がある厚手の陶器の鍋のこと。現在では一般的にアルミあるいはステンレス製のものが多く、注ぎ口と取っ手をついた片手鍋を指すことが多い。名前の由来は歌人「在原行平」を語源とする説や、雪のような打ち出しの模様から名が付いたなど諸説ある。 行平(雪平)鍋の特徴と主な用途 行平鍋は、...

スパチュラ(spatula)

キーワード解説 スパチュラとは、薄く扁平になった道具の総称で、絵の具や薬品、またはクリームなどの食品を扱うための篦(へら)の一種である。スパチュラ(英語:spatula)以外に、スパチュール(フランス語:spatule)、スパーテル(ドイツ語:Spatel)などとも呼ばれる。様々な用途や種類がある。 さまざまな用途のス...

オーバル(oval)

キーワード解説 卵形、長円形、楕円形あるいはその形のものを表す英語。また、幾何学では卵形や長円や、あるいは楕円に似た曲線のことを指す。 【オーバルの意味】 ・卵型 卵のような形や形状を指す表現。この場合の卵とは、「鶏卵」の形のことを指します。 ・楕円(または長円) 二つの定点からの距離の和が一定な点の軌跡のことです。二...

プレイスマット(place mat)

キーワード解説 小型の食卓マット。主に食器の下に敷くのに用いられる。布製のほか、薄い樹脂製やプラスチック製、木製のものなどもある。「プレースマット」と表記されることもあり、他の呼び方としては「テーブルマット」(ヨーロッパ)、「ランチョンマット」(和製英語)などがある。 プレイスマットとは? イギリスや北欧の家庭では、テ...

グラスハンガー

キーワード解説 ワイングラスなど脚のついたグラス類を、吊るして収納できる用品。「ワイングラスホルダー」と呼ばれることもある。 グラスハンガーの主な特徴 よくある構造としては、金属などの棒2本を平行に渡し、ワイングラスなど脚のついたグラス類を、脚の底部が引っかかるように、さかさに吊るして収納できるようになっています。バー...

ターナー(turner)

キーワード解説 ターナーとは、平たく柔軟性のある部分と長い柄がついたヘラ状の調理器具のこと。主にフライパンなどで炒めたり焼いたりするときに、加熱中の食材を裏返したりかき混ぜたりするのに用いる。ステンレス製やナイロン製、シリコンでコーティングしたものなどがある。いわゆる「フライ返し」のこと。 【素材の違い】 ・ステンレス...

カトラリー

キーワード解説 洋食器のうちフォーク、ナイフ、スプーンなど、主に食事の際にテーブルで用いる金物類の総称。cutという文字が入っているとおり、刃物類一般の呼称としても使われる。英語表記はcutlery(由来は中世フランス語のcoutellerie) 【カトラリーは銀製品?】 ここでは、主に食卓で洋食を食べるときに用いる金...

メジャースプーン

キーワード解説 計量スプーンのこと。調理する際に、食品や調味料などをはかるのに用いる。大さじ(15ml)と小さじ(5ml)のものが一般的だが、レシピなどには茶さじ(2.5ml)、あるいは小さじ1/2という表記も多く見られる。ステンレス製・プラスチック製などがある。 【基本的な計り方】 液体の分量を計るときは、こぼれ落ち...

ディッシャー

キーワード解説 食品を盛りつけるための器具のひとつ。主にアイスクリーム、マッシュポテトやポテトサラダなどの食品を、一定の量と形に盛りつけるために使用される。英語での表記はdisher 用途によって呼び分けることも アイスクリームをすくったり盛り付けたりするために使うものは、アイスクリームディッシャーあるいはアイスディッ...

レードル(ladle)

キーワード解説 食卓で取り分けに用いる調理器具で、カップ状の部分に長い柄がついているものの総称。主に汁物などをよそうときに使うお玉杓子もレードルの一種であるが、他にも用途によって様々な形状・機能のものがある。素材も、アルミ、鉄、ステンレス、木、竹など様々である。 レードル=お玉? 汁物や汁気の多い料理をすくうときに用い...