調理器具

Tagged

徹底的なメンテナンスで錆びた包丁が復活!~せっかくなら鏡面仕上げに~

サビてボロボロになった包丁を蘇らせるシリーズ、最終回となる今回は、包丁を鏡面に仕上げていきます。最初は見るに耐えなかった三徳包丁ですが、サビ落としと欠けの修繕を行い、ずいぶんと様変わりしてきました。   前回までの記事もぜひご覧ください。 同じシリーズの記事はこちら  実践! 錆びた包丁を蘇らせよう! 刃こぼ...

家庭用包丁の研ぎ方とメンテナンス~刃こぼれした包丁も修復できる?~

サビてボロボロになってしまった包丁を蘇らせるシリーズということで、前回の記事に引き続きサビた包丁を蘇らせていきます。   前回は、包丁のサビを落とす様子をご紹介しました。 実践! 錆びた包丁を蘇らせよう! 今回は「包丁の欠けを修繕する」ということで、三徳包丁のアゴ部分の刃欠けを修繕していきます。今回も先生にご...

実践!おうちで出来る「包丁研ぎ」~錆びた包丁を蘇らせよう~

昨今のお料理ブームに伴い、調理器具にこだわる方が増えているといいます。包丁屋さんも、ここ近年は売上が上がっているとか。包丁研ぎの注文も増えているそうですよ。 さて、今回は「実践! 錆びた包丁を蘇らせよう!」をテーマに、包丁の「サビ」と「欠け」を自分で直し、最後は鏡面仕上げにして包丁を蘇らせる様子をご紹介します。 &nb...

食育は0歳から?子どもと楽しむ初めてのお料理&こども包丁の使い方

みなさん、「食育(しょくいく)」という言葉をご存知ですか? 最近は料理の美意識の高い方や健康志向な方も増え、あまり珍しい言葉ではなくなってきましたね。 我が家には、3歳になった息子がいます。人の味覚はそれこそ赤ちゃんのときから育まれ、感覚が養われていくといいます。 今回は食育の意味を考えつつ、息子と料理を楽しんじゃいま...

切れないストレス解消!お家で出来る包丁の正しい研ぎ方

家庭料理がブームになりつつある昨今、包丁への関心が高まっているといいます。プロの料理人だけでなく、ご家庭でも包丁にこだわる方がかなり増えているとか。 でも、包丁にはメンテナンスが欠かせません。「せっかくなら良い包丁を」と奮発しても、うっかりお手入れ方法を誤ると、やがて「使い物にならない」なんてことに…… お気に入りの包...

自宅でかつお節を削ろう!初めてでも失敗しない鰹節削り器の使い方

昔はどこのご家庭にもあったといわれる鰹節削り器。「かつ箱」「鰹鉋(かつおかんな)」とも呼ばれ、文字通り鰹節を削るための道具です。 鰹節は削りたてが一番おいしいものですが、「自宅で鰹節を削るのって難しそう……」と敬遠している方もいらっしゃるはず。 ――そんなことは全くありません! 一昔前までは誰もが家で鰹節を削っていまし...

その使い方で大丈夫?包丁の研ぎ方と切れ味を持続させる秘訣

近年、有機野菜など食材にこだわったり、包丁や器にこだわったりする方が増えているといいます。SNSなどでも料理関係の様々なハッシュタグを見かけることが増え、人々の料理への関心が高まっていることを感じるようになりました。 さて、今回はその中でも料理の基本中の基本である「包丁」に注目して、包丁メンテナンスに役立つアイテムをい...

定番品にはワケがある!なぜ主婦はステンレス包丁を選ぶのか

新しい包丁が欲しいけど、何を買えばいいのか分からない……という時。 「取り急ぎ、百貨店やホームセンターでステンレス包丁を買えば間違いなし♪」というあなたは、まさに主婦の鑑です!  なぜなら、広く流通するものには、それなりの理由があるからです。 ステンレス包丁は今ではプロの料理人にも世界的に愛用されている超便利な包丁です...

ステンレス包丁と鋼の包丁、どっちを買うのが正解?

みなさん、ご家庭ではどんな包丁をお使いですか? 最近では100円ショップなどにも包丁が並び、お手軽に購入できるようになりました。でも、ひとえに包丁と言っても、種類は様々です。 実は包丁は、しっかりメンテナンスすれば、半生から一生に渡って大切に使えるものなんですよ。消耗品のように使い捨てるのではなく、包丁を大切に使ってい...

SUS304(18-8ステンレス)

キーワード解説 SUS304とはクロム(Cr)18%、ニッケル(Ni)8%、残りが鉄(Fe)で構成されたオーステナイト系ステンレス鋼のことで、通常18-8と呼ばれる。炭素量が少なく耐食性、溶接性が良好であるため、高級ステンレス鋼として広く用いられている。なおSUS304のSUSとは、鋼(Steel)+用途(Use)+ス...

やかんの満水容量と適正容量の違いとは?

「『2.5L』って書かれたやかんを買ったのに、実際には1.8Lくらいしか沸かせなかった!」という経験はありませんか? この場合、実は「満水容量」が2.5Lのやかんで、「適正容量」が1.8Lだったのかもしれません。 笛吹きケトルの音が出なかったり、お湯が吹きこぼれたりという、知らないとトラブルの原因にもなりがちな「満水容...

こだわりにはワケがある!プロが鋼の包丁を選ぶ理由とは

ご家庭にはステンレス包丁、和食料理店の調理場などプロの現場では鋼の包丁。 昔は当たり前だったこの図式も、今はそうでもありません。家庭料理にこだわる人が増えるにつれてご家庭で包丁にこだわる人が増えたのと、切れ味鋭い優秀な合金包丁がプロの現場でも愛用されるようになったからです。 でも実は、鋼の包丁にも色々なグレードや種類が...

セルクル

キーワード解説 セルクルとは、主にクッキーの型やケーキなど洋菓子の焼き型として使う型のうち、枠だけで底のないものを指す。デザート類だけでなく、他の菓子類や料理にも用いられることもある。 【セルクルの素材と主な用途】 セルクルとは、側面の枠だけで底のない焼き型のことです。主に円形のものが多いですが、四角やハート型などのも...

ダマスカス鋼

キーワード解説 ダマスカス鋼(Damascus steel)とは、本来は古代インドで製造されたウーツ鋼の別称であり、木目状の模様を特徴とする古代炭素鋼。シリアのダマスカスで刀剣などに鍛造されたことからダマスカス鋼と呼ばれるようになったとされる。しかし当時の製法は完全には再現不可能とされており、現在は多積層鋼を連打鍛造研...

行平鍋(雪平鍋)

キーワード解説 もとは土なべの一種で、蓋と持ち手がある厚手の陶器の鍋のこと。現在では一般的にアルミあるいはステンレス製のものが多く、注ぎ口と取っ手をついた片手鍋を指すことが多い。名前の由来は歌人「在原行平」を語源とする説や、雪のような打ち出しの模様から名が付いたなど諸説ある。 行平(雪平)鍋の特徴と主な用途 行平鍋は、...

醤油の保存方法と醤油差しの液ダレ防止の裏技&お手入れのタイミング

醤油差しを買ったときはしばらく使いやすかったのに、ある日、急に液だれしたり、詰まって出が悪くなってしまったなんてことはありませんか? どんなに良い醤油差しでも、普段の使い方やお手入れのせいで、使いづらくなっているということもあります。 そもそも、「醤油差しは冷蔵庫で保管が必要?」「液だれを防ぐ方法はないの?」「洗う頻度...