洗濯

Tagged

平干し

キーワード解説 型崩れしやすいニットなどの衣類を洗濯した際に、板など平らな物の上に広げて干すこと。また、大きくてかさばる枕やぬいぐるみなど、通常の干し方(吊り干し)ができないものを干すときにも用いる。 JIS(L 0001)に見る平干し乾燥の定義 平干しが必要な衣類は、「洗濯表示」を見ればわかります。 平干しを表すマー...

狭くても工夫次第で快適に!リビング内にあるランドリースペースの収納術

洗濯機はお風呂や洗面所にあるのが一般的ですが、我が家の場合は2Fのリビングに洗濯機置き場があります。 動線的には便利なのですが、スペースが小さいので色々と工夫を凝らしています。 同様に狭い洗濯機置き場をお使いの方の参考になればと思います。 また、一般的な洗面所にあるランドリースペースにも役立つ収納テクやDIY例もありま...

仕上げ馬

キーワード解説 脚つき台にしんを張り、布で覆った細長い形状の仕上げ用アイロン用具の一種。最近ではアイロン台と一体型になっているタイプも多い。ジャケットやシャツ、ブラウスなどの肩・袖の仕上げに用いる。 平らなアイロン台との違い ハンカチなど平面的なものについては、通常の平らなアイロン台でもきれいにかけられますが、シャツや...

花粉・梅雨対策にも!室内干しのメリットと生乾きを防止するコツ

花粉や梅雨の季節、外干しがなかなか出来ないからと、洗濯を諦めていませんか?  でも室内干し(部屋干し)って「ちゃんと乾く?」「生乾き臭は大丈夫?」など、気になる点もありますよね。 室内干しにはちょっとしたコツがあります。 今回は生乾きにならないための上手な干し方のコツと便利なおすすめアイテムなどをご紹介します。 室内(...

パジャマやジーンズなど、「1度着たけど、まだ洗わない」衣類の収納アイデア

一度袖を通したけれど『毎日洗わない』パジャマや『洗いたくない』ジーンズ。その他、アイロン待ちやクリーニング待ちの衣類など…。すぐに洗ったりしまったりせずに、「とりあえず置いておきたいけれど、どこに?」と困っている方は多いはず。そんな衣類の置き場所や収納について解決していきましょう。 洗わずに溜めておく理由は? お片づけ...

角ハンガーのピンチの配置を比較!渡し干しや隠し干しがしやすいピンチの並び方とは?

角ハンガーのピンチの配置を気にされたことって、ありますか? 実はピンチの数が一緒でも、並び方が違うと干し方に差が出てきます。 上の画像のハンガーは、なんとピンチの数が同じ! 左のハンガーより右のピンクのハンガーのほうが、ピンチが多いように見えませんか? くり返しますが、ピンチの数はどちらも36個と同じ。 ピンチの並び方...

角ハンガーのフレームの丈夫さ比較!洗濯物の重みでたわまない材質とは?

洗濯物を干したら、角ハンガーがたわむ…そんなことはありませんか? 「たわむ」とは、重みでしなったり、反るように曲がったりすること。 濡れた洗濯物は意外と重いので、フレームの丈夫さは気になるところです。 メーカーの話によると、フレームをひねってみれば強度が分かるとのこと。 さっそく角ハンガーをひねってみました。 こちらは...

角ハンガー比較!ピンチが絡まる原因調査と絡まりを防ぐハンガーのたたみ方

角ハンガーにつきものなのがピンチの絡まり! 急いでいるときは、本当にイライラしますよね。 いざ洗濯物を干そうと角ハンガーを開くとき、ピンチが絡まって開かない… そこでしまった!と思うのですが、よく考えてみると、ピンチが絡まるのは角ハンガーをたたむから。 ピンチの絡まりはどうして起こる? 角ハンガーをたたむと、ピンチ、フ...

ステンレスハンガーのピンチはつまみにくい?プラスチックとの違いを比較!

硬くてつまみにくいピンチだと、干したり取り入れたりするときにストレスになってしまいますよね! ということで、今回はピンチの「つまみやすさ」に注目して比較していきたいと思います。 今回比較するのは、3種類の角ハンガー。 ①オールステン角ハンガー(株式会社レック) ②ジャンボ角ハンガー ポリカ(東和産業株式会社) ③ランド...

角ハンガー比較!ピンチが割れにくく耐久性があるのはステンレスとポリカーボネート

くつ下や下着など、小物を一気にたくさん干したい!ということなら、洗濯バサミがたくさんついた角ハンガーが便利です。 でも、よくある悩みとして聞くのが、この洗濯バサミ(ピンチ)部分が割れる!ということ。 つまんだだけでバリバリッと割れた…なんて話をよく耳にします。 そこで今回は、角ハンガーの耐久性について比較していきたいと...

洗濯ハンガーの収納術!せまい洗面所でもスッキリ収納できるアイディア

洗濯物を取り込んだ後の洗濯ハンガーの存在感はかなり…なものですね。 「そんなのいつもぶら下げっぱなしよ!」という人も「他のおうちはどうしているんだろう?」 実は、そんなふうに思っているのではないでしょうか。 今回は洗濯ハンガーの収納術や収納するメリットについて考えてみたいと思います。 洗濯ハンガーって収納しないといけな...

洗濯ネット比較!洗濯かごがいらないバック型と持ち運べるポーチ型で時短

洗濯ネットには、形状にも色々と種類があるのをご存じですか? 今回は洗濯を楽にしてくれる、ちょっと変わった洗濯ネットに注目。 なかでも洗濯物の「移動」に便利な、バッグ型とポーチ型という2つのタイプの洗濯ネットについて比較していきたいと思います。 同じシリーズの記事はこちら 洗濯ネット比較 家事がラクになる? 2つの洗濯ネ...

パラソルハンガー

キーワード解説 傘のように開いたり閉じたりできる洗濯ハンガーのこと。タコ足ハンガー、フラワーハンガーとも呼ばれる。 パラソルハンガーは、傘を開いて逆さまにしたような状態で干します。 洗濯物を干す部分をアームといい、20本のものが一般的ですが、10本のもの、30本のものもあります。 奥行きの狭いベランダなどでは開くことが...

洗濯ネット比較!100均が優秀なのは価格だけ?高価なものは効果も高い

最近の100均の洗濯ネットは可愛いデザインのものが豊富。「高いメーカー品をわざわざ買うメリットってあるの?」と正直疑問に思っている方も多いのでは? そこで今回は、100均とメーカー品の洗濯ネットの素材や耐久性など、気になる違いを検証していきたいと思います。 洗濯ネットは100均がベスト? 洗濯ネットを100円ショップで...

洗濯ネット比較!シワ、汚れが落ちない原因は?洗濯物の正しい目安量を知ろう

突然ですが、クイズです。 下の画像をご覧ください。洗濯ネットに入っている洗濯物の量が正しいのはどっち? A、Bどちらも丸型洗濯ネット・大(33cm)を使用しています。 AにはTシャツが4枚、BにはTシャツが2枚。正直、どちらもまだ頑張れば詰められそうと思った方もいるのでは? 正解は……なんとB! 意外と少ない!? さあ...

洗濯ネットの角型と丸型を比較!汚れ落ちがいい、型崩れがしにくいのはどっち?

洗濯ネットには、色々な形や大きさの物がありますが、ふだんのお洗濯に大活躍な形といえば、角型と丸型。 あなたはどちらをよく使いますか? 何となく角型を使っているとか、丸型しか使ったことがないなど、違いを意識したことがない人も多いのでは? というわけで、今回は基本の2種類の型について比較していきます。 ○○専用ネットと基本...